「痴女リズム」エッチに積極的すぎるクラスの陽ギャルに奪われて(円堂さや)

痴女リズム 全巻ネタバレ

円堂さや「痴女リズム」無料で読む方法(オトクに読む方法)ネタバレ、感想、見どころを1巻から最新3巻まで画像を使って紹介。


「痴女リズム」は作者円堂さやさんが描くエロ漫画で、

ずっと好きだった幼馴染の「真夏」に告白して、
無事に恋人になることができた「義也」が主人公。

はじめてのエッチの時。

緊張しすぎてしまって、
挿入前にアソコが萎えてしまったのでした。


そんなことを悩んでる時に話しかけてきたのは、同じクラスで陽キャなギャル「戸狩」さん。

おっぱいを押しつけたりする距離が近い女の子。


ズボンの中に手を入れてアソコをさわってるのがバレてしまい、

「あれ?なんで勃ってるの?」

ナイショにする代わりに

全裸にされ、手コキされ、

童貞を奪われてしまうのだった・・・

乳首を指でさわりながら手コキしたり、お尻を舐めながら手コキしてくれたりと、痴女レベルが高すぎる戸狩さん。

フ〇ラでごっくんしたり、騎乗位で犯すように腰を動かしたり、童貞卒業するには激しすぎるエッチが最高でした。

目次

「痴女リズム」無料で読む方法

「痴女リズムは無料で読める?」

と思って、

・漫画バンクなどの違法サイト
・zip・nyaa・torrent
・pdf・download

などの違法アップロードサイトを検索してみました。

結論としては、
最近は法律の規制が厳しくなったこともあって、アップロードしてる海賊版サイトは見つかりませんでした。

ですが、
割引クーポンやポイント還元してくれる電子書籍サイトがあるので紹介したいと思います。

「痴女リズム」は色んな電子コミックサイトで配信されています。

(先行配信サイトはまんが王国です)

タップで無料試し読み巻数特典
まんが王国3巻最大50%OFFクーポン(毎日2回)
コミックシーモア3巻1冊70%OFF(初回)
月額コースは100%ポイント還元(翌月)
コミック.jp3巻1200円分のポイント
30日以内の解約で0円
FANZAブックス3巻1回目の買い物合計が4285円まで70%OFF
kindle3巻ポイント還元(1%)
ブックライブ3巻
U-NEXT配信ナシ600円分のポイント
ピッコマ配信ナシ
めちゃコミ6話
(話単位)
10月8日の配信状況

「痴女リズム」
と検索してください。

会員登録は完全無料です。

・会員登録するだけで無料で読める漫画が増える

など、電子コミックサイトはメリットも大きいです。

不要なメルマガなども受信設定ができますのでストレスなく利用できます。

「痴女リズム」4巻の配信予定は未発表です。

→まんが王国→コミックシーモア
→コミック.jp→FANZAブックス

痴女リズム エロ漫画ネタバレ

痴女リズム 表紙

1巻

「好きだ。付き合って下さい」

ずっと好きだった幼馴染の真夏に告白した義也。

告白されて慌てている反応を見て

(失敗したかな…)

と思ったけど、

「私も好きでした」

真夏の返事は予想外のもの。


初めての彼女ができて
順風満帆な学校生活を送るはずだったのに、

義也には1つだけ気になってる事がありました。

それは、

初めてのエッチの時、

あまりにも緊張しすぎて勃たなくなってしまい、真夏にさみしい思いをさせてしまったこと。


陸上部の真夏が部活を終えるのを待ってる間も、そのことだけが気になってしまうのでした。

落ち込んでるところにやって来たのは、
クラスの陽キャでギャルの「戸狩さん」。

いきなりカラダを密着させたあとは、
頭の上におっぱいを乗せてくる戸狩さん。

真夏とのセックスを思い出して勃起してることに気づいたのです。

「真夏には内緒にしてあげるから」

そう言って義也を陸上部の部室に連れ込むのだった・・・

『学校で勃起してしまっていたこと』を内緒にする代わりに、制服を脱がされ、全裸にされてしまった義也。

椅子に座らされ、背後にまわった戸狩さんに、乳首をさわられながら手コキされてしまいました。

恥ずかしいし、彼女がいるから止めて欲しいのに、ギンギンに勃起してしまうチ〇ポ。

そのまま四つん這いにさせられてお尻の穴を鑑賞され、舐められてしまいます。。

同時に手コキされると、あまりの気持ち良さによだれを垂らしながらイキそうに。

フ〇ラで1度イカされたあとは、指を入れられて即勃起。
そのあとは戸狩さんが騎乗位で巨乳を揺らしながら犯されるような形で童貞卒業セックス。

エロくて痴女すぎる戸狩さん。
最高でした☆

痴女リズム
1巻無料立ち読みはこちら

→まんが王国→コミックシーモア
→コミック.jp→FANZAブックス

「痴女リズム」
と検索してください

2巻

日曜日は両親が留守。ということもあって、義也を家に招待した真夏。

(この前エッチを上手くできなかったから今日こそは…)

という期待をしていたのでした。

真夏の期待にこたえるようにキスする義也。

でも目を閉じると、

戸狩さんとのセックスを思い出してしまうのです。

彼女ではない戸狩さんと、一線を越えてしまったことに罪悪感を感じていた義也。

キスより先へ進むことができなかったのでした。

(義也が疲れてるならご飯を作って元気を出してもらいたい)

そう思って食材の買い物にでかけた真夏。

義也は待ってる間、戸狩さんを思い出してしまうのです。

しばらくして買い物から帰ってきた真夏。

「偶然会った」

という戸狩さんと一緒に帰ってきたのです。

「ゲームして待ってて」

真夏が昼食を作ってる間、ソファに並んでゲームする義也と戸狩さん。

「私が来てからずっと勃起してるよね?」

戸狩さんは義也のパンツを脱がして手コキしてくるのだった・・・

同じ部屋に彼女がいるのに、勃起してしまった義也。

パンツを脱がされ手コキされて
「これ以上はバレるって!」
真夏に聞こえないように抵抗するも、痴女の戸狩さんは口に咥えて美味しそうにフ〇ラ。

そのまま発射したあとは見つかる可能性大なのに「楽しもうよ」と言って生挿入。

緊張感あふれる環境での彼女ではない女性と中出しセックス。

何も気付かない彼女が可哀想な「痴女リズム2巻」でした。

痴女リズム
2巻無料立ち読みはこちら

→まんが王国→コミックシーモア
→コミック.jp→FANZAブックス

「痴女リズム」
と検索してください

3巻

戸狩さんとセックスしてる夢を見て目が覚めた義也。

学校に行っても気になるのは戸狩さんのことばかり。


元気がない義也を見た彼女の真夏。

「今日、遊びに行ってもいい?」

放課後、家に来ることになったのでした。


部屋に入ってしばらく沈黙したあと

「私のカラダって魅力ないのかな・・・」

弱くて小さな声で聴いてみた真夏。

はじめてのセックスが上手くいかなかったことを
ずっと気にしていたのです。


泣きそうになってる真夏を見て

「ぼ、勃起しなかったのは緊張してただけで」

「本当に真夏のことが好きだよ」

義也は自分の気持ちを一生懸命に伝えるのでした。


「じゃあエッチの練習しよ」

制服を脱いでハダカになった真夏。

「優しくしてね」

そう言われても、

(立つかな・・・)

不安な気持ちのまま
おっぱいを舐めていく義也。


「私も舐めたい」

そう言われてパンツを脱ぐも、
チ〇ポは柔らかいまま・・・

どれだけ舐められても、
硬くなる気配は感じられないのです。


「ごめん・・・」
「私が下手だからだね・・・」

落ち込んでる真夏を見て

(おかしいな)
(戸狩さんの時は立ったのに・・・)

戸狩さんとのセックスを思い出す義也。

みるみるうちにチ〇ポは勃起していくのだった・・・

痴女リズム
3巻無料立ち読みはこちら

→まんが王国→コミックシーモア
→コミック.jp→FANZAブックス
痴女リズム3巻

「痴女リズム」
と検索して下さい

目次