黒斗「ギャルママとパコパコSEX」3巻レビュー│鈴音のママ友に誘われてセックス

黒斗「ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!3巻ネタバレと感想を紹介。

ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!3巻

ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!」3巻は前回のつづき。


朝になって目が覚めると、知らない女性のおっぱいを揉んでいた宗介。

(この人は誰だ・・・?)

と思ってるのに、朝立ちしてるチ〇ポを握られてしまう!

というシーンから始まっていきます。

前回のネタバレはこちら

→ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!2巻

目次

ギャルママとパコパコSEX~ネタバレ3巻

宗介のベッドで朝立ちチ〇ポを握っていたのは、鈴音のママ友の日下部千夏。

「千夏ちゃん、何やってるの?」

バツイチで性欲が溜まってたらしく、宗介を誘惑していたのでした。

鈴音がキッチンで食器を洗っていた時、

「ねぇ。今月の20日って何の日か知ってる?」

「鈴音の誕生日なんだよ」

「一緒に買い物に行かない?」

宗介を誘ってきた千夏。

鈴音を好きになっていた宗介は少しでも気を引こうと、千夏と2人で買い物に行くことにしたのでした。

待ち合わせ当日。

「今日は私の彼氏だからね」

誕生日プレゼントを買い物したあと、

「こ、ここってラブホテルという場所では・・・?」

ラブホテルに宗介を連れ込んでしまった千夏。

キスをして服を脱ぎ、
セックスをしてもらうのだった・・・

3巻を読んだ感想とまとめ

鈴音のママ友でバツイチの千夏とセックスしてしまった「ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!」3巻でした。

つい先日まで童貞だった宗介。

「イラマチオにスパンキングまでしてしまうなんて、ちょっとテクニシャンすぎじゃない?」

なんて思ってしまいましたが、きっとAVで見たことがあったのでしょう。

(Mに目覚めた千夏を相手にSEXしたら、Sに目覚めてしまったのかもしれません)

「気持ち良いです!」
「もっと叩いて下さい!」

スパンキングされて年下なのに、敬語を使ってしまう千夏。

さらには「中出し」までOKしてくれました。

時間を忘れ、何度も中出しSEXを繰り返していく2人。

宗介はスマホに着信があったことに気付かないまま、「ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!3巻」は終了。

「誰からの電話だったのか?」

次回の展開が気になる終わり方でした。

ギャルママとパコパコSEX
人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!

無料立ち読みはこちら

→DLsiteはこちら

(性器のモザイクは「黒棒だけ」)

→まんが王国はこちら

(性器が白塗りのボカし処理です)
「ギャルママとパコパコ」
と検索して下さい

次回のネタバレはこちら

→ギャルママとパコパコSEX~人妻の超絶テクにマジイキ絶頂!4巻

人気記事

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる