プルポアゾン

母喰い2 ヤリチン旅行編(上) ~おっとりお母さんはその旅館で年下ヤリチンに何度も抱かれて女を出した~

10円セール開催中

プルポアゾン「母喰い2 ヤリチン旅行編(上) ~おっとりお母さんはその旅館で年下ヤリチンに何度も抱かれて女を出した~」ネタバレと感想、見どころを画像を使って紹介。

「母喰い2 ヤリチン旅行編(上)」は前回からのつづき。全132ページで構成されています。

人妻のはるかさんと、

数か月前、息子と行った旅行先の海でナンパされてセックスしたヤリチン竹内が主人公。

 

ハメ撮り動画を消してもらうこと。

そして、会うのはこれが最後と約束してもらうこと。

その条件で竹内と2人きりでセックス旅行に行くのでした。

 

旅館に到着するとチ〇ポを出す竹内。

(やっぱり大きい)

はるかは数か月前にセックスして何度もイカされたチ〇ポをしっかり覚えていたのです。

 

お風呂ではソーププレイで下品な姿を晒してしまったり、夢中になって巨根を咥えたり。

ピルを飲んで旅行にやって来たはるかは、布団の上では四つん這いにさせられて、何度も中出しされてしまうのです。

 

今回の旅行は息子もいなくて竹内と2人きり。

「夫婦でいつもしてるみたにセックスしてくれよ」

竹内からお願いされると、アエギ声も遠慮なく出しまくってしまうのです。

 

さらに、

「ローション使えばラクに入るから」

はるかは人生初めての

アナルセックスまで教え込まれていく・・・

 

母喰い2 ヤリチン旅行編(上) ~おっとりお母さんはその旅館で年下ヤリチンに何度も抱かれて女を出した~【画像ネタバレ】

前回の流れ

1.おっとりした母さんは夏の旅行で子供と海へ

2.お母さんは豊満なカラダをしていたので、地元のヤリチンにロックオンされてしまいます。

3.偶然を装って接触されてしまったお母さん。イケイケの若い子にチヤホヤされて困っちゃう一方、子供と遊んでくれたことで申し訳ない気持ちが芽生えます。

4.子供と遊んでくれたことで感謝の気持ちを持ってしまったお母さん。ヤリチンとは知らずに「少しだけだから」と言われて一緒に飲むことに。

5.軽く済ませて自分の部屋に帰るつもりだったのに、薬を盛られ酔わされて部屋に連れ込まれてしまいます。

6.全裸にされて生まれたままの姿にさせられたお母さん。眠ったままで起きる気配はなく、もう逃げれない状況に。

7.リーダー格の竹内の荒々しいセックスは真面目なお母さんには気持ち良すぎて、また今度会う約束をさせられてしまうのでした。

母喰い2 ヤリチン旅行編(上)
おっとりお母さんはその旅館で
年下ヤリチンに何度も抱かれて女を出した

→無料サンプルと本編はこちら

 

【前作】母喰い ~おっとりお母さんが年下ヤリチンに狙われる時~

前回の「母喰い」

父親、母親、息子の3人で海に旅行に行くことになっていたけど、

急な仕事が入ってしまい、息子と2人きりで海がある温泉旅館に泊まることになった○。

 

(せっかく家族3人での旅行だったのに・・・)

と思うも、海で楽しそうに遊んでる息子を見て、

(私が楽しまなきゃ息子の退屈な思い出になってしまう)

気持ちを切り替えて、息子と2人きりの旅行を楽しむことにしたのでした。

 

息子と海に入り、ビーチボールで遊んでいた○。

「す、すいません!」

近くで遊んでいた大学生たちのグループたちとぶつかってしまうのです。

 

彼らは近隣から来た大学生。

母親と遊んでるユウ君と遊んでくれたのです。

普段なら人見知りをして、知らない人とは絶対に話をしない息子。

なのに、気を許してとっても楽しそうに遊んでいるのでした。

 

海で遊び終わって旅館へ○と息子。

なんと、そのバスには、彼らも一緒だったのです。

 

バスが目的地へ近づくにつれて

「俺ら、ずっとこのメンツで飲んでて寂しいんすよ」

「ほんとに少しだけでいいんで」

○と一緒に飲みたいと言ってくる○。

 

(海でのこともあるしな・・・)

(断るのもな・・・)

息子が遊んでもらったことで、断りづらくなってしまう○。

連絡先だけ聞いてしまったのでした。

 

息子と2人でお風呂に入り、

(お世話になったんだから少しだけ)

(少しだけ・・・)

○たちと一緒に飲むことにしたはるか。

 

「明日も早いので少しだけ」

○たちの部屋へ向かってしまったのでした。

 

(あれ・・・)

(少し酔って来ちゃったのかしら)

(気をつけてたのにな)

 

まだほんの少ししか飲んでないのに、酔ってしまったはるか。

お酒には○たちが用意していた薬が入っていて、知らずにのんでしまったのです。

 

(どうしよう)

(頭がぐらぐらする)

そのまま意識を失って倒れてしまったのです。

 

布団に寝かせられ、浴衣を脱がされたはるか。

「しかし、おっぱいでけーな」

ブラジャーまで外されてしまったのでした。

 

さらに、その姿は撮影され、これからハメ撮りされてしまうのです。

 

(あれ、ここどこ?)

(健一さんじゃない声がする・・・)

旦那と息子と3人で海に旅行に行き、セックスしてる夢を見ていたはるか。

目が覚めるとハダカにされてることに気づき、3人の大学生たちにおっぱいとオマ〇コをさわられていることに気付いたのでした。

 

「ちょっと何してるんですか!」

「やめてください!」

クンニされた時、やっと抵抗したはるか。

なのに、

「なに言ってるんですか」

「はるかさんから抱きついて甘えてきたんですよ」

と言われてしまうと、さっきまでの記憶がまったくないはるかは、強く抵抗できなくなってしまうのです。

 

(ああ、どうしよう・・・)

(こんなつもりじゃなかったのに・・・)

(なんとかしなきゃ)

 

そう思ってるのにクンニは終わらず、マ〇コを吸い続けられて気持ち良くなってしまうのです。

 

「みなさん落ち着いて!」

「お願いです!」

 

(このままでは自分の意志ではなく、レ〇プされるだけ。

(この人たちの気を損ねたら、どうなるかわからない)

 

はるかは大学生3人全員のチ〇ポを舐めていくことにきめたのでした。

 

(なんとかならなかった・・・)

 

全員をフ〇ラしたのに、まだ勃起したままの大学生たち。

「ちょっとだけ入れさせてくださいよ」

「誰にも言わないから1回だけ」

「ここなら2人きりだし、ね!」

断れる雰囲気ではなくなり、

「ゴムはしてくれますよね?」

自分でセックスすることを許してしまったのです。

 

(あぁ、押し付けられちゃってる)

(今日会ったばかりの大学生の子のアレを・・・)

3人の中で1番デカいチ〇ポをしてる竹内。

マ〇コの入り口にチ〇ポを押し当てて擦ったあと、ゆっくりと挿入していくのです。

 

「はるかさん!すごい締まりいいじゃん!」

「これ、旦那さん喜ぶっしょ!」

これまでセックスした女子大生よりも気持ちいい人妻マ〇コ。

 

同時に

(あぁ、つながっちゃった)

(もう逃げれない・・・)

これからセックスしてしまうことを覚悟するのでした。

 

「どうしたんですか?」

「あまり声出さないんですね」

せめて感じてる姿だけは見せない。と決めてアエギ声を我慢するはるか。

旦那よりも、これまでエッチした相手よりもデカいチ〇ポで気持ちいいけど、歯を食いしばって必死に耐えていくのです。

 

気持ち良くて本当は出てしまいそうなアエギ声をずっと耐えていたけど、

もう耐えられなくなるくらい感じてしまっていたはるか。

 

「キスは絶対にだめ!」

かたくなに拒んでいたけど、許してしまったのでした。

そして、

「こんなことをするのは子供ができてからしてなかったから」

久しぶりのセックスで感じてしまってる。と自分の口から言ってしまったのです。

 

理性がぶっ飛んでしまったはるか。

(ユウ君、ごめんね)

旅行に来て1人で眠ってる息子にあやまったあと、

竹内の上に乗って自分から腰を動かしてしまうのだった・・・

母喰い
おっとりお母さんが年下ヤリチンに狙われる時

→無料サンプルと本編はこちら

人気エロ漫画

-プルポアゾン
-, ,