地味子は意外にエロかった(じみへんっ!!)最新まであらすじまとめ│地味なOLの本当の姿は極上美人

いぶろー。エロ漫画「地味子は意外にエロかったネタバレ、感想、見どころを1話から最新21話まで全話くわしく紹介。

地味子は意外にエロかった

■あらすじ

地味子は意外にエロかった」は、

髪の毛はボサボサ、黒縁メガネ、会社では無口で地味な非モテOL「行橋玲奈」と、
同じ部署で働く「八谷」が主人公。

仕事をサボった罰として、
「行橋さんは処女かどうか?聞いてこい」
部長に命令されてしまった八谷。

飲みに誘ってみると、会社ではあんな地味な行橋さんは、オシャレで可愛くて、まるで別人みたいだったのでした。

飲んでる時に「処女なの?」と聞いてしまい、行橋さんは激怒・・・

必死になって謝ってると、
その場の雰囲気でラブホに行くことになってしまい、そのままエッチを・・・

「地味子は意外にエロかった」を最新話まで読んだ感想をひと言でまとめると

「あんなにカワイイのに、処女だし、エロいし、最高だ♡」

「行橋さんがどんな風に処女を喪失するのか?」
「そのあとの2人はどんなセックスをするのか?」

「地味子は意外にエロかった」はストーリーが面白くて絵もキレイです。
どうぞゆっくりお楽しみください。

最新話のネタバレはこちら

→地味子は意外に 21巻ネタバレ

目次

「地味子は意外にエロかった」全巻ネタバレ

ここから「地味子は意外にエロかった」を最新21話までそれぞれネタバレしていきます。

「地味子は意外にエロかった」はいろんな電子コミックサイトやアプリで配信されています。

サイトやアプリによっては
・無料で読めたり
・割引があって安く読めたり
と違いがあります。

当ブログでは「特典の質・サイトの使いやすさ」から、6種類の電子書籍サイトをおすすめしています。

アプリ初回特典
→コミックシーモア初回70%OFFクーポン
→まんが王国毎日最大50%OFFクーポンが当たる
→FANZAブックス4285円まで70%OFFで購入できる
→DLsite300円OFFクーポン
→U-NEXT600円分の漫画が購入できるポイント
→コミック.jp1200円分の漫画が購入できるポイント

(U-NEXTは登録後31日以内、コミック.jpは登録後30日以内に解約すれば費用は0円です)

お好きなサイトを組み合わせてオトクに漫画をお楽しみください。

1巻

待ち合わせ場所で待ってると

「あ、あのー・・・」

キレイな女性に声をかけられた八谷。

「えっ、だっ・・・、誰ぇっ?」

声をかけてきたのは超美人で、
行橋玲奈だとは思わなかったのでした。

居酒屋に入り、正面に座ると、
会社での姿との違いに驚きを感じる八谷。

飲んで酔ってきた時に

「普段あまりしゃべらないのに」

「どうして誘ってくれたんですか?」

と聞かれてしまい、

「処女かどうか確認してこいって言われて・・・」

絶対に言ってはいけない事を
あっさりと口にしてしまうのです。

「え・・・」

八谷の言葉を聞いて、
ドン引きすると同時に
怒り出してしまった行橋玲奈。

でも、

八谷に呼び止めらて

「もっと知りたいんだ」

と言われた時、

「え・・・そういう意味ですか?」

そこはラブホテルの前だったのでした。

その場の雰囲気に流されて
ラブホに入ってしまった玲奈と八谷。

八谷がキスをしようと顔を近づけると
玲奈は目を閉じて受け入れてくれるのです。

舌を絡ませると、しっかりと受け入れてくれるのです。

服を脱がせて下着を脱がせると
丸見えになった巨乳・・・

「こ、これが行橋さんのおっぱい・・・」

「想像以上にやわらかい・・・」

おっぱいを揉むと
恥ずかしそうにしてしまう玲奈。

カラダは少し震えていて
緊張しているのが伝わってくるのでした。

「あまりジロジロ見ないで下さい」

「恥ずかしいので・・・」

乳首を吸いながら舐めてみると、
敏感な玲奈はシーツをギューッと握りカラダをのけ反らせてしまうのです。

「恥ずかしがる姿を見ると」

「すげー興奮する」

そう言って、脇を舐めていく八谷。

同時にパンツの上からマ〇コを触ると、

乳首で感じていた玲奈のマ〇コは ビチョビチョに濡れてしまっていたのでした。

脇を舐められただけでも
あんなに恥ずかしがっていたのに、

八谷がマ〇コを触ってヌルヌルに濡れた指を見せると、もっと恥ずかしがってしまうのです。

そのままパンツを脱がして手マンしていく八谷とアソコを見られてる玲奈は、恥ずかしいのと気持ち良いので目を閉じてしまうのでした。

照明がついたままの明るい部屋でマ〇コを広げられ、

「や、は、はずかしいです・・・」

顔を真っ赤にして照れてしまうのです。

マ〇コを舐められるたびに
小刻みにビクビク震えてしまう敏感な行橋玲奈。

アエギ声を出して感じてる姿を見てる八谷は、

「こんなに感じるってことは」
「もしかして処女ないのか?」

「処女じゃないならチ〇ポを入れても問題ないんじゃない?」

と思ってしまうのです。

八谷がチ〇ポを入れようとした時、

「私、はじめてで・・・」

「上手く出来るか自信が・・・」

目を合わさず
恥ずかしそうに言ってきた玲奈。

早く入れたくて我慢できない八谷は

「無理には入れないから」

「痛くなったら止めるからね」

優しい言葉を一応かけるのでした。

(初めてのエッチの相手は、八谷さん・・・)

覚悟を決めた行橋さんは、

「よろしくおねがいします・・・」

小さな声で返事をするのでした。

ゴムを装着しながら

「上手く入るかな・・・」

処女とセックスするのは初めての八谷。

ゆっくり、ゆっくりと
チ〇ポを入れようとしていくも、

なかなか入っていかないキツキツの処女マ〇コ

亀頭を使ってマ〇コの入り口をグリグリしたあと、腰を突き出すと

ズプッ

亀頭だけはマ〇コの中に入ったのです。

まだ、根本までは入っていないけど、

あぁぁぁぁっ

行橋さんは絶叫に近い声を出して
初めてのチ〇ポに痛みを感じるのでした。

「大丈夫?」

一度チ〇ポを抜こうとすると八谷を抱きしめて、抜いて欲しくないアピールをする行橋さん。

八谷はゆっくりと腰を動かし、
セックスは始まっていくのだった・・・

地味子は意外にエロかった 1巻
\無料立ち読みはこちら/

→コミックシーモア→まんが王国
→FANZA→DLsite

無料で読むならこちら

→コミック.jp→U-NEXT

2巻

体位をバックに変えて、

パンっパン
パンっパンッ

リズムよくピストンを続けていた八谷。

マ〇コの締め付けは入れたばかりの頃よりもちょうど良くなっていて、
セックスに慣れてきた玲奈も、気持ち良くなっていたのでした。

行橋さんのスベスベな肌。

そして、気持ちの良いマ〇コ。

チ〇ポを挿れられたままクリをさわると、腰が砕けてしまうほど、全身が性感帯のように敏感になってしまっていたのです。

チ〇ポを出し入れされるたびに、さっきより大胆にアエギ声を出して感じてしまうのでした。

会社では絶対に見せない玲奈のエッチな姿を見て、イキそうになっていた八谷。

「イっていい?」

と聞いてみると、

男の人に気持ち良くなって欲しいけど、何をすればいいのか?わからない玲奈は

「私はどうすればいいんですか?」

聞いてしまうのでした。

「そのままじっとしてくれてればいいから・・・」

そう言われて、八谷がイクのを受け入れる玲奈。

玲奈がシーツを噛んで集中してる事にも気づかずに、八谷はイってしまうのです。

行橋玲奈と八谷がセックスしてから数日後。

会社の同僚が集まって開催されたのは、「新規契約を取ってきた八谷」の祝勝会。

部長は八谷を自分の席に呼び出し、

あの日、命令した

行橋玲奈は処女かどうか?

報告を聞こうとするのでした。

部長の隣に座り、

・行橋さんは処女だった。
・あの日は何もしないで飲んで帰った。

とウソの報告をする八谷。

地味な格好をしてるのは会社だけで、本当はもの凄い美人だった。

処女だったけど、セックスしてしまった。

真実の報告
口が裂けても言えないのでした。

地味子は意外にエロかった 2巻
\無料立ち読みはこちら/

→コミックシーモア→まんが王国
→FANZA→DLsite
→コミック.jp→U-NEXT

(「地味子は意外に」と検索して下さい)

3巻

酔ってるのに激しく動いたせいで
ピストンするのがキツくなってしまった八谷。

玲奈は恥ずかしいけど自分から上に乗って騎乗位になり、腰をぎこちなく動かしてあげたのでした。

「どうですか?私、きちんと出来ていますか?」

初めての騎乗位で腰を動かしてくれる玲奈。

「恥ずかしいのであんまり見ないで下さい」

動くたびにブルンブルン揺れるおっぱい。

そして

感じてる顔を見られて、恥ずかしくなってしまうのでです。

なのに、

全然、恥ずかしいことなんて無いよ。

とってもカワイイよ。

と言って、玲奈に身を任せていた八谷。

玲奈のお尻を両手でつかんで、

もうイキそうっ

出るっ・・・

自分勝手なタイミングで
そのまま発射するのでした・・・

セックスを終え、布団に入った2人。

先に寝てしまった玲奈を
腕まくらしている八谷。

「こんな関係になったけど」

「行橋さんはオレをどう思ってるんだろう・・・」

交際する気なんてない八谷は悩んだ結果、

「少し距離を置いた方がいいな・・・」

ヤリ捨てに近い決断をするのだった・・・

会社の同僚たち数人で、
海に遊びに来た八谷と行橋玲奈。

みんなが楽しく海で遊んでるのに、
2人は車の中で留守番をしていたのでした。

「自分の不注意でケガさせてしまった」

足に包帯を巻いてる八谷に
玲奈は責任を感じていたのでした。

でも、

水着姿で座ってる玲奈を見て

「変な事しちゃうから」

「海に行った方がいいよ」

冗談っぽく言った八谷。

なのに、

「そうしたいなら」

「してもいいですよ」

車の中でのエッチな行為をしてもいいと言ってくるのです。

何もしてこない八谷に、

「どうするんですか?」

「するんですか?しないんですか?」

積極的に聞いてくる玲奈。

「そんなの冗談に決まってるだろ」

と言われると、

とっても悲しそうな表情をしてしまうのです。

「もしかして・・・」

「したいの?」

エッチをしたいのかどうか?

を聞いてみると、

だめですか・・・?

と言ってくる玲奈。

車ではできないし、外でも見つかっちゃうし。

今は出来ないよ。

と伝えるも、

エッチをしたい気分になっていた玲奈は、

八谷のパンツを脱がし、
チ〇ポを舐めてくるのです。

チ〇ポを舐められ
気持ち良くなってしまう八谷。

そろそろイキそう

となった時、

海に一緒に来ていた関谷さんが
車にやって来てしまったのでした。

ドアを開けられれば、

地味で処女の玲奈が大胆にも
チ〇ポをフ〇ラしてる

事がバレてしまう大ピンチ。

八谷はドアを開けないようにして、なんとかこの場をごまかそうとするのです。

でも、

チ〇ポを咥えたままの行橋さん。

まるで、見られてもお構いなしみたいな感じで舐め続けるのでした・・・

地味子は意外にエロかった 3巻
無料立ち読みはこちら

→コミックシーモア→まんが王国
→FANZA→DLsite
→コミック.jp→U-NEXT

(「地味子は意外に」と検索して下さい)

4巻

「私たちは付き合ってる訳ではないので」

「八谷さんが誰を好きであろうと関係ありません」

給湯室で八谷と部長が休憩していた時、

「俺は行橋さんみたいな女性より」
「関谷さんと付き合いたいです」

と言っていたのを
目の前で聞いてしまった玲奈。

急いでその場を立ち去り、
デスクに戻ったのでした。

その日、
行橋さんと八谷の部署は飲み会。

でも、

やり残した仕事があるのと、

玲奈に「さっきあのこと」を聞かれて

飲み会に行く元気が無かった八谷は、
会社に残って仕事をしようとしたのでした。

同僚を見送って自分の机に戻ると、
飲み会には行かず、残業をしていた玲奈。

行橋さんと2人きり・・・

という気まずい雰囲気が
狭い事務所を包んでくるのです。

「あのこと」を聞いてから
ずっと頭に残ってる玲奈。

「どうしてあんあ事、言ったんですか?」

と問いただしたいのに、一生懸命に冷静を装うのでした。

そんな言葉を聞いて
罪悪感で胸が押しつぶれそうになってしまう八谷。

(謝らなきゃ・・・はやく・・・)

と思っていた時、

気持ちを抑えられない玲奈に抱きつかれ、キスされてしまうのだった・・・

「ごめん、我慢できない」

「ここでしても、いい・・・よね?」

会社でキスしてきた行橋玲奈を
さっきはあんな強い口調で断ったくせに、

「好きだったんです」

「カラダだけでも求めてもらえて」

「私は幸せでしたから・・・」

と言われて、
急に愛おしくなってしまった八谷。

予想外の告白をされて嬉しくて、

「俺たち、付き合おうよ」

と言うのでした。

嬉しそうに困ってる行橋さんを見て、

「このまま会社でセックスしよう」

誰もいない事務所でセックスしようとする八谷。

そのまま机に行橋さんを座らせて、
服を脱がしておっぱいを舐めていくのでした。

乳首を吸いながら、
パンツの中に指を入れていく八谷。

玲奈も気持ち良くて
マ〇コは自然と濡れてしまうのです。

誰もいないとはいえ、
普段働いてるオフィスに響いてるのは、指を動かすたびに聞こえてくる

グチュグチュ

というエッチな音。

「恥ずかしいです・・・」

「そんなこと、言わないで下さい・・・」

激しい手マンは止まることなく、

行橋さんはオフィスで声を出してイキそうになってしまう・・・

「も、もしかして」

「イったの初めてだった?」

手マンをされて、
人生で初めてイってしまった行橋玲奈。

イクと同時に潮を吹いてしまい、
部長のデスクと床を汚してしまうのでした。

それなのに、

「この場所でセックスしたい」

と言ってくる八谷。

「それはさすがに・・・」

手マンで潮は吹いたけど

さすがにセックスは出来ない

と言ってきた玲奈。

机から降りて違う場所で
セックスすることにしたのでした。

「こんなところでしちゃったら」
「他の人に、見えちゃいますよ・・・」

八谷たちのオフィスは
地上からは見えない高さにあるフロア。

でも、
明るいオフィス内からは外が丸見えで

「見られてる・・・」

という感覚になってしまうのです。

そんな事を気にしてられないくらい
早くチ〇ポを入れたい八谷。

恥ずかしがってる行橋さんを立たせたまま、
バックでチ〇ポを入れてしまうのでした。

「わたし、また・・・」

「イっちゃいますっ・・・」

(見られてるかもしれない・・・)

という恥ずかしさと、

いつも働いてるオフィスという
イケナイ場所でのセックスで

玲奈はまた、イってしまうのだった・・・

地味子は意外にエロかった 4巻
無料立ち読みはこちら

→コミックシーモア→まんが王国
→FANZA→DLsite
→コミック.jp→U-NEXT

(「地味子は意外に」と検索して下さい)

5巻

ボルタリングデートをしたあと、ラブホに入った八谷と玲奈。

「あれ?もしかして…」

「ホテル来たからHすると思ってたの?」

玲奈をベッドに寝かせて八谷が全身をマッサージしてあげていた時、そんな会話になったのでした。

背中、腰、腕、全身をマッサージしていた時に八谷が見つけたのは、
電動マッサージ器。

「行橋さん、使ったことある?」

女の子は電マをオ〇ニーの道具として使ってる

と思ってる八谷は
悪気がないフリをして聞くのです。

「い、いえっ…」

そんな事を聞かれて
玲奈は恥ずかしくなって動揺してしまうのでした。

スイッチをONにすると

ブブブブブブブっ

激しく振動する電マ。

「きゃぁ」

軽くお尻に当てられただけなのに、大きな声を出してしまうのです。

顔を真っ赤にして感じてる玲奈を見て、パンツの上から電マを当てていく行橋。

「そんなとこに当てたら」

「汚れちゃいますから…っ」

足を広げさせられて
ベッドに座らせられていた玲奈。

振動してる電マをマ〇コに当てられて
声が出てしまうのでした。

このまま電マを当てられ続けると
濡れてシミが付いてしまうパンツ。

股を閉じようとするのに、

「大丈夫だよ」

「みんなやってるし」

八谷は止めてくれないのです。

玲奈が電マで感じてる姿を見たくて
優しく説得する八谷。

でも、その時すでに玲奈は早い振動の電マが気持ち良すぎて、イキそうになっていたのです。

「あぁぁぁぁぁぁっっっ」

絶叫したと同時に
八谷の腕を力いっぱい握る玲奈。

パンツもシーツも太ももまで
ビチョビチョになるほど、
潮を吹いてイってしまったのです。

「ま、まだ…」

「つづけるんです…か…?」

一度イってしまい敏感になってるのに
電マをマ〇コから離そうとしない八谷。

「私、また…」

「イっちゃいそうですっ…」

「はぁはぁ・・・」

玲奈の全身はビクビク震え、

プシャァァァ

2度目の潮吹きをしてしまったのでした。

自分だけ2回も連続でイカされて
少し悔しくなってしまった玲奈。

自分から勃起チ〇ポを咥えて濃厚フ〇ラをしていくのです。

「八谷さん、な、何をっ」

「んあああああああああっ」

行橋さんの2回もイった締め付けてくるマ〇コにチ〇ポを挿れてた時、
八谷が見つけたのはさっき使ってた電マ。

挿入したままクリに電マを当てただけなのに、
玲奈は絶叫するほど、アエギ声を出してしまったのでした。

それなのに、

「はい」

電マを手渡して、

「自分でマ〇コに当ててみて」

八谷は玲奈に、
拷問みたいなことをさせようとするのです。

「こんなの無理ぃぃぃ」

自分で握った電マをマ〇コに当てた瞬間から、
恥ずかしさと気持ち良さで絶叫してしまう玲奈。

「もう限界ですっ」

と言っても、

電マの振動がチ〇ポに伝わって気持ちいい八谷は、止めさせてくれないのです。

「いくーっ!」

「私もまたイっちゃいそうですっ…」

普通のセックスよりも
刺激的で気持ちが良い電マを使ったセックスで、

2人は同時に

イってしまうのだった…

地味子は意外にエロかった 5巻
無料立ち読みはこちら

→コミックシーモア→まんが王国
→FANZA→DLsite
→コミック.jp→U-NEXT

(「地味子は意外に」と検索して下さい)

6巻

午後から使う会議室でエッチな気分になってしまった玲奈と八谷。

セ〇クスしたくなったけどお昼休みということもあり、

「あまり時間がないので、手でしますね」

玲奈は手コキでイカせてあげようとするのでした。

でも、
なかなか発射しない八谷を見て、口で咥えてしまうのです。

「私・・・」

舐めてるだけでエロい気分になってしまった玲奈は、パンツを脱いでしまうのだった・・・

地味子は意外にエロかった 6巻
無料立ち読みはこちら

→コミックシーモア→まんが王国
→FANZA→DLsite
→コミック.jp→U-NEXT

(「地味子は意外に」と検索して下さい)

7巻

「こっちの方が恥ずかしいんですけど・・・」

八谷の家で洗濯をしてあげていた玲奈。
ムラムラしてしまった八谷は玲奈に裸エプロンをしてもらうのでした。

シックスナインでお互いの性器を舐め合ったあと、コンドームを取り出す八谷。

「きょ、今日は着けずにしてくれませんか?」

2人は初めて、ゴム無しで生ハメSEXをしていくのだった。

地味子は意外にエロかった 7巻
無料立ち読みはこちら

→コミックシーモア→まんが王国
→FANZA→DLsite
→コミック.jp→U-NEXT

(「地味子は意外に」と検索して下さい)

8巻

「エッチですね稜平さんは」
「名前で呼んじゃダメれすかぁ?」

缶チューハイを2本飲んだだけなのに、酔って甘え上戸になった玲奈。
八谷が電話でピザを注文してる時、パンツを脱がせてフ〇ラしてくるのです。

店員と話しをしてるのに、
気持ち良くてヘンな声が出てしまうのでした。

電話を切る頃にはフル勃起してたチ〇ポ。
2人はピザが届くまでの間に、セックスしていくのだった。

地味子は意外にエロかった 8巻
無料立ち読みはこちら

→コミックシーモア→まんが王国
→FANZA→DLsite
→コミック.jp→U-NEXT

(「地味子は意外に」と検索して下さい)

9巻

「関口さんに俺たちの関係がバレたみたいだから、話をしてくる」

玲奈のスマホに届いた八谷からのメッセージ。

(もしかしたら2人はエッチしてるかも・・・)

玲奈は2人がセックスしてるのを妄想しながら、激しすぎるオ〇ニーをしてしまうのです。

一方、居酒屋で関口さんと飲んでいた八谷。

「行橋さんより私の方が楽しいですよ?」
「私もセフレに立候補しちゃおうかな?」

八谷にアプローチをかけてくるのだった。

地味子は意外にエロかった 9巻
無料立ち読みはこちら

→コミックシーモア→まんが王国
→FANZA→DLsite
→コミック.jp→U-NEXT

(「地味子は意外に」と検索して下さい)

10巻

部長の家で開かれた飲み会に参加した八谷と玲奈。

散々飲んだあと、関口さんは帰宅、部長は寝室。
芝原と八谷は床、玲奈はソファで眠っていたのでした。

「人の家に安全な場所なんてありませんよ?」

そう言われてもエッチしたくてガマンできない八谷は、芝原が眠るリビングでエッチを始めてしまうのだった。

地味子は意外にエロかった 10巻
無料立ち読みはこちら

→コミックシーモア→まんが王国
→FANZA→DLsite
→コミック.jp→U-NEXT

(「地味子は意外に」と検索して下さい)

11巻

「どうしたの?」
「今日の行橋さん、らしくないよ?」

芝原が起きたのに隠れてフ〇ラしたあと、部長の家でエッチしたいとお願いしてきた玲奈。

八谷は仕方なく、洗面所に隠れてエッチを始めてしまうのでした。

激しくピストンされて気持ち良くなってしまう玲奈は
自分の手で口を押さえてアエギ声が漏れないようにするのだった。

地味子は意外にエロかった 11巻
無料立ち読みはこちら

→コミックシーモア→まんが王国
→FANZA→DLsite
→コミック.jp→U-NEXT
「地味子は意外に」と検索して下さい

12巻

「せっかく一緒に入ってるんだし」
「俺が綺麗に洗ってあげるよ」

デートをしてラブホテルでお風呂に入ってる2人。
八谷は自分の手にボディソープを塗って、玲奈の背中を洗っていくのです。

「足をもっと広げてくださいね」

玲奈の大きなおっぱいを洗ったと、マ〇コを洗っていく八谷。

そのままお風呂でセ〇クスをしていくのだった。

地味子は意外にエロかった 12巻
無料立ち読みはこちら

→コミックシーモア→まんが王国
→FANZA→DLsite
→コミック.jp→U-NEXT

(「地味子は意外に」と検索して下さい)

13巻

「ビデオと同じエッチをしてみない?」

ラブホテルの大画面TVに映されてるAVと同じプレイをしてみないか?と提案した八谷。

「はい。いいですよ」

と言ったはいいものの、AVは”Sの女教師とMの男子生徒モノ”。

女性が主導権を握ったまま、男を責めていく。という内容だったのでした。

真面目な玲奈はAVと同じように
八谷を一方的に責めていくのだった・・・

地味子は意外にエロかった 13巻
無料立ち読みはこちら

→コミックシーモア→まんが王国
→FANZA→DLsite
→コミック.jp→U-NEXT

(「地味子は意外に」と検索して下さい)

14巻

テニスをしてる八谷、玲奈、芝原、関谷さんの4人。

玲奈を狙ってる芝原は手をさわったりと馴れ馴れしくするのです。

「これから飲もうよ」

芝原が玲奈を強引に誘う中、玲奈はタクシーに乗りこんで帰っていくのでした。

「じゃあ俺も帰るわ」

玲奈を追いかけてタクシーに乗る八谷。

「芝原と仲良くできて、そんなに楽しかった?」

玲奈を抱きしめながら問い詰めていく八谷。

(そういえば、いっぱいしゃべってたかも・・・)

さっきの事を思い出すと、何も言えないのでした。

なのに八谷は

「抱きつかれて興奮したの?」

玲奈を追い詰めていくような言葉をかけていくのです。

さすがに怒った玲奈は

「興奮なんてする訳ないでしょ!」

「一体どうしたんですか?」

そう言った瞬間にキスされて、服を脱がされおっぱいを舐められてしまうのでした。

「ここ、玄関ですよ?」

玲奈に言われても、ヤキモチを抑えきれずに、パンツを下げてマ〇コを舐めていく八谷。

アソコが濡れていたことに気付いて

「やっぱり興奮してたんだ」

玲奈の気持ちを考えずに、暴言を吐いてしまうのです。

「ちがいます・・・」

「これは、八谷さんがヤキモチを焼いてくれてるのが嬉しくて・・・」

玲奈の気持ちが嬉しくて我慢できなくなった八谷。

そのままセックスを始め、玲奈も受け入れていくのだった。

地味子は意外にエロかった 14巻
無料立ち読みはこちら

→コミックシーモア→まんが王国
→FANZA→DLsite
→コミック.jp→U-NEXT
(「地味子は意外に」と検索して下さい)

15巻

「やっぱり嫌だよ」
「コスプレするなんて・・・」

行橋玲奈16才。
当時から地味な高校生。

学園祭でコスプレをして、
片思いしてる長谷川くんに自分をアピールするはずだったのに・・・

「えぇ!?どうしたの?」
「その格好は!!」

玲奈が待ってる家に急いで帰った八谷。

玄関を開けると出迎えてくれたのは、
エッチなトナカイのコスプレをしてる玲奈だったのでした。

顔を真っ赤にして恥ずかしそうにしながら

「これしか残ってなくて・・・」

玲奈が着てるのは、ミニスカートでおっぱいも見えそうなコスプレ。

普段は絶対に見れない玲奈のコスプレ姿に
興奮してしまった八谷はスカートをめくって

「お、Tバック♪」

家に帰ってまだ数分しか経っていないのに、
玲奈に襲いかかっていくのでした。

玲奈をあお向けにしておっぱいを舐めてると、

「八谷さんは私にとってのサンタさんです」

そう言って、八谷の上に乗ってくる玲奈。

「チ〇ポ」という名のプレゼントをもらいたかったのか、八谷のパンツを脱がして、口に咥えていくのでした。

フ〇ラしてるうちにガチガチに固くなっていくオチ〇ポ。
玲奈は口からチ〇ポを離し、騎乗位で挿入していくのです。

「行橋さんのコスプレ姿をもっと見たいな」

「正月は巫女で、ナースもいいし、先生も♪」

(これからも八谷と一緒にいれるんだ)

嬉しくなった玲奈は気分が高まってしまい、

思いっきりイってしまうのだった。

地味子は意外にエロかった 15巻
無料立ち読みはこちら

→コミックシーモア→まんが王国
→FANZA→DLsite
→コミック.jp→U-NEXT

(「地味子は意外に」と検索して下さい)

16巻

元旦。

初詣にやって来た八谷と玲奈。
玲奈は八谷を喜ばせたくて、着物を着てきたのでした。

「かわいい・・・」

普段とは違う姿に、惚れ直すのです。

「2人きりになりたいです・・・」

芝原と関口さんと合流するまで、まだ時間があるということで、ホテルへ向かう2人

でも、
お正月ということもあって、どこも満室ばかり。

車内でテレビを見て時間を潰そうとした時、玲奈はキスしてきて・・・

地味子は意外にエロかった 16巻
無料立ち読みはこちら

→コミックシーモア→まんが王国
→FANZA→DLsite
→コミック.jp→U-NEXT

17巻

暗い道に車を停めたまま、車内でフ〇ラしてもらっていた八谷。

玲奈は奥まで咥えてあげて、一生懸命に気持ち良くさせようと頑張っていたのでした。

さっき車を停めた時は交通量が少なかったけど、今は初詣を終えた車が八谷たちの近くを多く通っていくのです。

そんなことは関係なく、セ〇クスをしたくなった八谷。

玲奈をシートに寝かせてパンツを脱がせていくのです。

最初は正常位、そして騎乗位でセ〇クスしていく2人。

上に乗ってる玲奈は着物を着たままで頑張って動いてくれるのです。

一生懸命に動いていたせいで、玲奈は汗だくに。

それでも、
お正月を八谷と一緒に迎えられて嬉しい玲奈は、気持ち良くてイってしまうのだった。

地味子は意外にエロかった 17巻
無料立ち読みはこちら

→コミックシーモア→まんが王国
→FANZA→DLsite
→コミック.jp→U-NEXT

(「地味子は意外に」と検索して下さい)

18巻

この日、八谷と玲奈は海釣りデート。

「これから釣りをスタートする」

という時に、玲奈のスマホにかかってきた同僚の芝原から電話。

少し離れた場所に移動して電話に出た玲奈。

しばらくして八谷のところに戻ると

「なに聞かれたの?」

と質問されてしまうのです。

「誘われました・・・」

「今日がダメなら連休は?とも・・・」

「でも、ちゃんと断りましたから!」

申し訳なさそうに、玲奈は答えるのでした。

でも、

・玲奈は会社では押しに弱そうなイメージがある

・遊び相手に丁度いいと男性社員から思われてる

と思ってる八谷は、芝原以外にも

ヤリ目的で男が近づいて来るのではないか?

心配になって、SNSの登録者を見せてもらうのでした。

(うわーコイツも?)

(思ってたより相当多いわ・・・)

(誰とも連絡してほしくないなー)

玲奈が予想以上に男から狙われてることに、ショックを受けてしまうのです。

全裸になってベッドであお向けになった玲奈。

おっぱいを舐められて乳首はビンビンになり、いつでもセックスできる状態に。

八谷はパンツを脱いで玲奈の上になり、

「俺が動くからじっとしてて」

おっぱいの間にチ〇ポを挟み込んで

「1度コレしたかったんだよね」

おっぱいを自分で動かしてセルフパイズリをしていくのです。

「あー行橋さんのおっぱい、やわらかくて気持ちいいー」

玲奈の巨乳を使ってパイコキして、気持ち良くなってく八谷。

おっぱいからハミ出してる亀頭を見た玲奈は、

ぺろ・・・

いきなりチ〇ポを舐め出したのです。

「おっぱいと舌で超気持ちいいー!」

サオと亀頭が同時に刺激されてヤバイくらい気持ち良くて、

「やば、」

「もうイクかも」

ピストンはどんどん早くなっていくのです。

八谷がイキそうなことに気付いて

「だめぇ!」

イクのを止めて欲しい玲奈。

「ズルいですよ」

「自分だけ気持ち良くなるなんて・・・」

おっぱいを揉まれて、目の前でチ〇ポを見て、エロい気分になっていた玲奈は、少し物足りなかったのです。

自分だけ気持ち良くなることしか考えてなかった。と反省した八谷。

「ごめん・・・」

そう言ったあと、すでに濡れていたオマ〇コを舐めていくのです。

「ゴム着けるね」

コンドームを装着してる時、

「さっきは八谷さんが上だったので」

「次は私が上になります」

玲奈はチ〇ポを握って自分で挿入して

激しく腰を動かしていくのだった・・・

地味子は意外にエロかった 18巻
無料立ち読みはこちら

→コミックシーモア→まんが王国
→FANZA→DLsite
→コミック.jp→U-NEXT

(「地味子は意外に」と検索して下さい)

19巻

八谷が会社の同僚の前で「俺は行橋さんと付き合ってる!」と宣言したせいで、怒ってしまった玲奈。

それから数日間、八谷から話しかけられても、すべて無視するのでした。

「自分がどうして避けられてるのか?」

わからない八谷。

書庫に入っていった玲奈を追いかけたのです。

書庫のカギをしめて誰も入ってこないようにして謝るも、許すつもりはない玲奈。

なのに、

(セックスすれば許してくれるかも)

そう思った八谷は、玲奈にキスしておっぱいを揉んでいくのでした。

「ホントにやめてください」

外に声が聞こえてしまわないように小さい声で抵抗する玲奈。

「なんとか仲直りしたい」と考えてる八谷は、ブラを外して乳首をさわったあとはアソコに指を入れてしまうのです。

アソコから抜いた指を見せて

(こんなに濡れてるよ?)

このままセックスして仲直りしよ?

とアピールする八谷。

玲奈の気持ちを完全に無視して、そのままチ〇ポを挿入してセックスをはじめてしまうのだった・・・

地味子は意外にエロかった 19巻
無料立ち読みはこちら

→コミックシーモア→まんが王国
→FANZA→DLsite
→コミック.jp→U-NEXT

20巻

会社の屋上でタバコを吸っていた八谷。

そこに玲奈がやって来て、合鍵を手渡し

「別れてください」

と言ってきたのでした。

「どういうこと?」

いきなりフラれて訳がわからない八谷。

事情を詳しく聞きたいのに、部長から電話がかかってきてオフィスに戻ったのでした。

部長の話を聞かないといけないのに

(別れたいってなんで・・・)

玲奈のことばかり考えてしまう八谷。

部長の話しは、

八谷の仕事が上手くいきそうなので、関谷さんと一緒に泊まりで出張に行って欲しい。

という内容でした。

それから2週間後。

関谷と出張に行く八谷。

電車に乗っていても、玲奈のことばかり考えてしまうのです。

仕事を終えて夜。

八谷がお風呂に入ってるところにハダカの関谷さんがやって来たのだった・・・

地味子は意外にエロかった 20巻
無料立ち読みはこちら

→コミックシーモア→まんが王国
→FANZA→DLsite
→コミック.jp→U-NEXT

21巻

眠ろうとしても全然眠れず、仲が良かった頃の玲奈の写真を見ながら泣いてた八谷。

その姿を見た関谷は八谷の布団に入っていき、キスしてきたのでした。

舌を絡める濃厚なキス。

そのまま首筋を舐め、乳首を舐めていくのです。

「私は八谷さんと付き合いたい気持ちはありませんよ」

「前からしてみたいって思ってただけです」

そう言ってパンツの中で勃起してるチ〇ポをさわってくるのです。

ニオイを嗅ぎ、パンツの上から舐め、

「想像以上だったかも・・・」

パンツを脱がしてしまうのでした。

「これを使って行橋さんとどんなエッチしてたんですか?」

フ〇ラしながら聞いてくる関谷さん。

なにも答えたくなけど、激しいフ〇ラが気持ち良すぎてイキそうになってしまうのです。

ギンギンになってるチ〇ポを見て

「気が変わらないうちに」

持参していたコンドームを装着していくのでした。

関谷さんは自分で挿入したあと

「どうですか?」
「私のナカ、きもちいいでしょ?」

腰を激しく上下にグラインドさせてくるのだった・・・

地味子は意外にエロかった 21巻
無料立ち読みはこちら

→コミックシーモア→まんが王国
→FANZA→DLsite
→コミック.jp→U-NEXT

『地味子は意外にエロかった』感想と見どころ

「地味子は意外にエロかった」を最新話まで読んだ感想は、

玲奈さん。
可愛いし、エロすぎ!

です。
ヾ(*´∀`*)ノ

1話で初めてオシャレしてる姿を見た時は、

本当に可愛いなー

って思いました。

(会社での格好が本当に地味なので、オシャレしてる時がより一層カワイク見えます)

しかも、

服を脱ぐと、細身なのに巨乳だし、色白だし、肌スベスベだしパーフェクトなカラダ。

敏感な上に濡れやすいし、

しかも処女だった

というのが、超ポイント高いです☆

処女で男性経験がないのに、

「八谷さんに気持ち良くなって欲しいから・・・」

と思ってフ〇ラの練習をしたのも、ステキです。

(どんな妄想をしながら、何を使って練習したのか?が気になりますw)

「行橋玲奈がこれからどんだけエッチな女の子になっていくのか?」

つづきを早く読みたいです♡

地味子は意外にエロかった

→無料立ち読みはこちら

「地味子は意外にエロかった」と「じみへんっ!!」の違いは何?

「地味子は意外にエロかった」と「じみへんっ!!」の2種類が販売されています。

「表紙もタイトルも違うし、内容が違う漫画?」

と思った方も多いのではないでしょうか?


簡単にまとめると、

「じみへんっ!!」は

・各巻に「地味子は意外にエロかった」が6巻分収録されている。

・内容は同じだが、カラーではなく白黒。

・各巻1100円で販売していて、巻単位で購入するよりも少しオトク

・オマケなどが付属されているわけではない。

という感じです。


「一気読みしたい!」
「少しでも安く!」
「行橋さんが登場してるなら全部そろえたい!」

という方には「じみへんっ!!」はピッタリだと思います。

「じみへんっ!!」はこちらから購入できます。

→コミックシーモアはこちら
→コミック.jpはこちら
→FANZAブックスはこちら

まとめ

「地味子は意外にエロかった」ネタバレと無料で読む方法の紹介でした。

最新巻では八谷が関口さんとエッチしてしまっています。

「これからどうなるのか?」
「行橋さんとは別れてしまうのか?」

ストーリーから目が離せません。

また「地味子は意外にエロかった」を無料で読む方法、オトクに読む方法がありますので、ぜひお試しになってください。

アプリ初回特典
→コミックシーモア初回70%OFFクーポン
→まんが王国毎日最大50%OFFクーポンが当たる
→FANZAブックス4285円まで70%OFFで購入可
→DLsite300円OFFクーポン
→U-NEXT600円分の漫画が購入できるポイント配布
→コミック.jp1200円分の漫画が購入できるポイント配布

登場人物

■行橋 玲奈(ゆくはし れな)

・会社では薄化粧、髪はボサボサ、愛想もない
・化粧をすると超美人
・怒った顔もカワイイ
・エロいカラダをしている
・処女

■八谷 稜平

・口が軽い
・基本、自分勝手な男・・・

■関口 梨恵

・玲奈と八谷の同僚
・明るくてオシャレでフレンドリー
・玲奈と八谷の関係にうっすら気付いてる
・20巻で八谷と・・・

■芝原

・玲奈と八谷の同僚
・最初は玲奈を無視していたが・・・

■部長

・「行橋玲奈は処女か聞いてこい」と命令した男
・既婚者

タイトル地味子は意外にエロかった
作者いぶろー。
配信話数21巻まで
価格各198円
出版社スクリーモ/絶対領域R!
ジャンルオトナコミック

人気エロ漫画

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる