桃季さえ「子持ちホストの危険な隣人」1巻ネタバレ│桐生との最悪な出会い

子持ちホストの危険な隣人-1巻表紙

桃季さえ「子持ちホストの危険な隣人」1巻ネタバレと感想を紹介しています。

目次

子持ちホストの危険な隣人~ネタバレ1巻

ホストクラブ「アヴァロン」に所属してるナンバー1ホスト聖也。

年下の後輩ホストにも気さくに話しかける性格で、尊敬される存在。



「今日の予定はどうなってるかな?」
「もちろん、プライベートも含めてだが」

深刻そうな顔をして聞いて来たのは、このお店の代表でした。


「ご存知の通り、死ぬほど忙しいです」

と答えると、

「だろうな。わかってた」
「でも、今日は最低2、3回ほど死んでほしい」

と言われてしまうのです。


その言葉を聞いてニッコリしたあと

「代表がそう言うなら」

返事をしたのでした。




かわいい後輩がケガをしたと聞いた聖也。
さっきまでの笑顔は一瞬のうちに消えてしまったのです。


「今夜は俺が翔太の代わりを務めればいいんですね」

胸に手を当て(心配はいらない)と伝えるのでした。


時刻は朝4時。

自分のお客さんと翔太のお客さんの相手をしっかり接客した聖也。

やっと自分のマンションに帰って来れたのでした。


(早く天使に会いたい・・・)

そう思いながらエレベーターに乗ると、黒いパーカーを着た男がエレベーターに乗りこんできたのです。




驚きながら「何階ですか?」と聞くも、男は無言。


代表に言われた

翔太を襲ったのは黒いパーカーの男だ。

という言葉を思い出すのでした。


エレベーターは聖也の部屋があるフロアに到着。

ドアが開いて降りようと思った瞬間、黒いパーカーの男は背後から身体を押し当ててきたのです。


(こいつが犯人だったのか?)

身の危険を感じた聖也。

ひじを使って男のあごを思いっきり殴ったのでした。


嗚咽を出しながらエレベーターに倒れ込んだパーカーの男。


蹴ろうとした時、

「ちがっ!」

「眠気と空腹でフラついて・・・っ」

男には襲うつもりなんて一切なく、


「俺は1701号室に住んでる桐生だ」


聖也が倒してしまった男は怪しい人ではなく、隣人だったのでした。


転んだ時に潰れてしまったおにぎり。

「俺の食料が・・・」

と言ってる時、

ぎゅうううううっ

エレベーターの中には、桐生のお腹の音が鳴り響くのでした。



「あー潰れちゃったね・・・」
「俺のせいで・・・」

自分の勘違いで隣人を押し倒してしまったこと、

そのせいで、隣人が食べようとしていたオニギリを食べれなくしてしまったこと、

申し訳なさすぎて、聖也は隣人を自分の部屋へ呼んだのでした。

1巻を読んだ感想とまとめ

聖也と桐生の最初で出会いは「これ以上ない!」ってくらい最悪。

でも、1巻の途中からは見てるこっちが照れてしまうくらいラブラブ。

天稀くんの存在がほんと可愛くて、いいスパイスになってくれていました。


出会った時の桐生の印象は”ただのガラの悪い男”。

でも本当の姿は、超人気小説家であり、天稀が大好きな絵本作家。

聖也がイケメンで優しくて、ナンバーワンホストというのもBL漫画の組合せとしては最高です。

ストーリー的にもトラブルが次々と発生してドキドキの連続。

・可愛がってる後輩ホストが襲われる

・襲われると勘違いするも隣人だった

・翌日は隣人にキスされる

・天稀が大好きな絵本作家だと知る

・「来ない」と思ってたホストクラブに桐生がやってくる

・その日のうちにキス

・聖也と桐生が付き合うことになる

・天稀が「夜間保育園に行きたくない」と駄々をこねる→桐生が助けてくれる

・手でシコシコして発射してくれる

・後輩ホストが2人も襲われる

・桐生がホストになって聖也を守ってくれる

・聖也の過去が明らかになってくる

などなど、それぞれのトラブルの時には桐生が守ってくれたり、天稀の存在がとてつもなく大きな力になってくれたり。

その度に聖也と桐生のキズナは強くなっていきました。

子持ちホストの危険な隣人
無料立ち読みはこちら

サイト特典
コミックシーモア1冊70%OFF
まんが王国毎日2回最大50%OFFクーポン
コミック.jp1200円分ポイント
U-NEXT600円分ポイント
DLsite300円OFF

次回のネタバレはこちら

→子持ちホストの危険な隣人~2巻ネタバレ

人気記事

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる