「L教会と異端者一家」悪魔の復活に身も心も捧げる狂気の子(ヨールキ・パールキ)

ヨールキ・パールキ「L教会と異端者一家」エロ同人のあらすじとネタバレ、感想と見どころを画像で紹介。

L教会と異端者一家-ネタバレ-TOP画像

■あらすじ■

「うちの家族はおかしい・・・」

信者の穢れを祓うために
「自分の妻の穴」
を差し出す神父の父と、

夫が見てる前でお尻の穴を使わせて、
信者をイカせる母親。

母が信者と性交してる声を聞きながら
少し離れた場所で自慰する息子。

さらに、
弟が自慰行為してる姿を見つけると、

小屋に連れて行って
手コキ、フ〇ラをする姉。

全員が異常な性癖に異常な行動をする家族。

特に長男のアレクセイは幼い頃の記憶がまったく無く、
両手は義手で、両足も義足だったのでした。

そんな家族は”過去の父親の人生”に原点があったのでした…


「L教会と異端者一家」を結末まで読んだ感想をひと言でまとめると、

中世の外国で本当にありそうな恐ろしいストーリー。
母親と姉のキレイな顔、カラダ、行為中の表情。
そして、父が●●の復活にかける思いが、物語を最大に面白くしていた!

アレクセイが育った家の庭の隅っこに捨てられていた無数の人形の残骸を見ると、吐き気に襲われてしまいました・・・

「L教会と異端者一家」のネタバレを見る前に、高画質サンプルをチェックする方はこちらからどうぞ。

L教会と異端者一家

→無料試し読みと本編はこちら

(今回の漫画もハイクオリティな描写の連続です)
目次

「L教会と異端者一家」ネタバレ

L教会と異端者一家-ネタバレ-エロ画像1
L教会と異端者一家-ネタバレ-エロ画像2
L教会と異端者一家-ネタバレ-エロ画像3
L教会と異端者一家-ネタバレ-エロ画像4
L教会と異端者一家-ネタバレ-エロ画像5
L教会と異端者一家-ネタバレ-エロ画像6
L教会と異端者一家-ネタバレ-エロ画像7
L教会と異端者一家-ネタバレ-エロ画像8
L教会と異端者一家-ネタバレ-エロ画像9
L教会と異端者一家-ネタバレ-エロ画像10

L教会と異端者一家

→無料試し読みと本編はこちら

「L教会と異端者一家」まとめ

「L教会と異端者一家」を読む前は、

教会に生まれた親子同士で
セックスするだけの内容かな?

と思っていましたが、

予想を遥かに超えた
圧倒的に面白いストーリー

さすがヨールキ・パールキ!

と感動してしまいました。
(最初は990円出すの迷ったんですよねw)

司祭になって教会に潜り込んだ父親。

告解にきただけなのに、
学生の母親は犯されて妊娠。

生まれてきたのは父の血を受け継いだ悪魔の子。

制約が多くて、交流も文化も思想も密閉された教会のシスターを悪魔の子が洗脳するのは容易なこと。

でも
そのことがきっかけで神父たちにバレてしまい、父親の目的は途中で頓挫・・・

神父たちに
「このままでは危険」
と判断されたアレクセイは亡き者に。

一家は教会を追放されても
再興を目指して母と娘のカラダを使ってもう一度アレクセイの再生を目指していきます。


「L教会と異端者一家」の最初では

妻のお尻の穴を信者に提供していたので

信者を悪魔化していくのは母親のア●ルに大きな力があるのかな?

もしくは、

ア●ルで骨抜きにされた男性信者をクスリか何かで洗脳していくのかな?

なんて思っていましたが、
予想以上に作り込まれたストーリーは、正直驚きの連続でした。


アレクセイの四肢が人工物なので
苦手な人は注意が必要かもしれません。
(外してる描写は無いので大丈夫だと思います)

個人的にヨールキ・パールキ同人作品は

「事故物件×留学生~四畳半の不可思議」からファンになって読んでるので、今回の「L教会と異端者一家」も非常に満足した漫画でした。

(以前は日本人が主人公の漫画しか読まなかったのが不思議なくらいです)

マイナスな点をあえて言うならば、

「セリフと効果音が多くて、結合部が少し見づらい絵が何枚かあったかな?」

というところ。

それ以上に、
今まで読んだことが1回も無い面白い設定に大満足でした。

L教会と異端者一家

→無料試し読みと本編はこちら

(綺麗な女性のリアルな身体と性テクニックは圧巻でした)
(弟のイキそうな時の表情も最高です☆)
目次