「せんせいと、わたしと。あなたのことをしりたくて」口下手でピュアな女の子がエッチに積極的(岡田コウ)

せんせいと、わたしと。~あなたのことをしりたくて~-無料で読む方法-ネタバレ

岡田コウ「せんせいと、わたしと。~あなたのことをしりたくて~」全巻無料で読む方法、1巻から最新14巻までエロ画像を使って全巻ネタバレも紹介しています。

■あらすじ■

過去に女子生徒と問題を起こしてトラウマを持つ男性教師と、
その教師を好きになってしまったピュアで頑張り屋さんで、口下手な女の子が主人公。

(女は何を考えてるかわからないから近づいてはいけない)

と思っていたのに、
教師は生徒に手を出してしまい・・・

発育途中のちいさな女の子と、マッチョな先生との激しいセックスがとってもエロく描かれていました。

せんせいと、わたしと。 ~あなたのことをしりたくて~-1
この女の子が勇気を出して先生をエッチに誘っていきます
目次

漫画「せんせいと、わたしと。~あなたのことをしりたくて~」無料で読む方法

「せんせいと、わたしと。~あなたのことをしりたくて~を無料で読む方法はある?」

そう思って、

・漫画バンクなどの違法サイト
・zipファイル
・pdf、nyaa、torrent、raw

などをじっくりと調査してみました。

最近は法律の規制が厳しくなったこともあって、アップロードしてるサイトはありませんでした。

(違法サイトが閉鎖されると新しいサイトが出現するのですが、最近は新しいサイトすら出てきません)

じゃあ無料で読めないの?

ということになりますが、

「せんせいと、わたしと。~あなたのことをしりたくて~」は全巻無料では読めません。

ですが、「コミック.jp」という電子書籍サイトを利用すれば、1200円分(275円×4巻)なら無料で読めます。
(初回登録限定。おひとり様1回限り)

「せんせいと、わたしと。~あなたのことをしりたくて~」配信中の電子コミックサイト

タップで無料試し読みできます特典
巻数/価格
コミックシーモア初回1冊70%OFF
14巻
各275円
まんが王国最大50%OFFクーポン(1日2回)
13巻
各275円
コミック.jp1200円分のポイント
13巻
各275円
FANZAブックス定価4285円まで70%OFF
10巻
各330円
アマゾンkindle特になし
13巻
各275円

「せんせいと、わたしと。~あなたのことをしりたくて~」はコミック版で新作として配信されていますが、FANZAブックスではもっと前から配信されていました。

・発売日が2012年と古い作品ですが、殿堂入りしてる大人気マンガです

・大人気なので、再編集されて「コミックス版」として配信されました

・再編集されたのは「性器の描き方」です

・FANZA版は「-」←のような黒棒で隠れていますが、コミックス版はモザイクです

・2012年の作品なので、規制が厳しい現在よりも過激な表現方法になっています

・単話版として「ぶきような人」というタイトルでも販売されています


FANZA版で全巻そろえるとなると
330円×10巻=3300円。

初回特典を利用すれば
「3300円×70%OFF=990円」
で全巻そろえることができて、コミック版よりも安く全巻読むことができます。

→FANZAブックスはこちら

漫画「せんせいと、わたしと。~あなたのことをしりたくて~」ネタバレ

【1巻】せんせいと、わたしと。~あなたのことをしりたくて~

ここからエロ漫画「せんせいと、わたしと。~あなたのことをしりたくて~」1巻から結末までネタバレを紹介していきます。

「せんせいと、わたしと。~あなたのことをしりたくて~」は、まんが王国やコミックシーモアなどで配信されているランキング上位の人気漫画。

電子書籍サイトでは「コミック版」として配信されています。(未完結)

FANZAでは合体版が販売されていて、「せんせいと、わたしと。」というタイトルで2冊で完結しています。

FANZA版表紙

「せんせいと、わたし。」上巻には1話から5話が収録。
下巻には6話から10話までが収録されていて、定価はどちらも1100円。

また、「単話版」も販売されていて「ぶきような人」というタイトルで10話で完結しています。(各330円)

「結末まで一気読みしたい!」という方は合冊版を。
「1冊ずつマイペースで読んでいく!」という方はコミック版か単話版でお楽しみください。

FANZAブックスは初回限定で、定価合計が4285円まで70%OFFで購入できます。
(おひとり様1回限り)

「せんせいと、わたしと。」の無料試し読みはこちらからできます。

■コミック版

→コミックシーモア→まんが王国
各275円/会員登録無料

■FANZA版

→合体版
(各1100円)
→単話版
(各330円)
会員登録無料

■登場人物

篠田 寛和(28)

・生徒指導してる体育教師

和久井さやか

・●学1年生
・真面目で優等生
・自分では「できない子」と思い込んでるため、頑張り過ぎてしまう性格

森田 柚花
・●学2年生
・甘やかされて育ったため、自分が1番だと思ってる

ネタバレには「ぶきようなひと」のサンプル画像を使用しています。

1話

せんせいと、わたしと。~あなたのことをしりたくて~-1巻

「制服のスカートが短い」と注意されて生徒指導室に呼ばれた柚花。

自分の容姿に自信がある柚花は

(私はかわいい。)
(男なんてカンタンに落とせる)

と思ってることもあり、
教師にカラダを密着させて誘惑していくのでした。

でも、

(女の誘惑で痛い目を見るのはこっちだ)

過去に女性関係でトラウマを持つ教師(篠田)は

「反省文を書いて持ってこい」

柚花の誘いには乗らなかったのでした。


(生徒は甘やかせるとつけあがるだけ)

そういう信念を持ちながら生徒を厳しく指導していく篠田。

ある日、

「和久井さやか」という生徒がカンニングしてるところを見つけてしまったのです。



生徒指導室に呼び出し、和久井から事情を聞く篠田。

すると和久井は教師の手を握り、そのままブラジャーをしていない制服の中に手を運んでいったのでした。

一瞬は動揺してしまったけど、冷静さを取りもどしていく篠田。


でも、
それから数日後。

普段の和久井は指定の長さのスカートなのに、短いスカートで登校したのです。


(あんな事をしてきたこいつにはかかわっちゃダメだ・・・)

と思って避けていた篠田。

なのに、
和久井は呼び出されてもいないのに、勝手に生徒指導室に入ってきたのでした。


「俺をからかってるのか?」

問い詰めてみると教師を見つめながら震えていた和久井。


その姿を見てドキドキしてしまった篠田は、
制服の上から胸を揉んでしまうのです。


いっさい抵抗する気配がない和久井。

篠田はパンツをずらして、
アソコに指を入れていくのだった・・・

せんせいと、わたしと。
~あなたのことをしりたくて~

1巻無料試し読みはこちら

■コミック版

→コミックシーモア→まんが王国

■FANZA版(単話)

→FANZAブックスはこちら

■無料で読むなら

→コミック.jpはこちら

2話

せんせいと、わたしと。~あなたのことをしりたくて~-2巻

和久井と生徒指導室でセックスをしてから数日後。


この日、
篠田が受け持つ体育の授業は和久井のクラス。

和久井の足がフラフラしてることに気づくも、

(どうせ演技なんだろ?)

篠田は和久井に手を貸さなかったのです。


でも、
本当に運動が大の苦手な和久井。

(先生に見られてる)

という極度の緊張で、その場に座り込んでしまったのです。


その姿を見て演技ではないと思った篠田。

「他の生徒の邪魔になるから休め」

他の生徒に自習をさせて、和久井と一緒に保健室に向かったのでした。



和久井を保健室に送り届けたあと、授業で使った跳び箱を体育準備室に戻していた篠田。

(あいつは他に何を求めてるんだ?)

(内申点か?)

そんなことを考えてると

「さきほどはありがとうございました」

体調が少しよくなった和久井がお礼を言いに来たのです。


(この雰囲気はまずいぞ…)

そう思っていたのに、さらに近づいてくる和久井。

最悪なことに、そこに他の女子生徒がやって来てしまったのでした。

せんせいと、わたしと。
~あなたのことをしりたくて~

2巻無料立ち読みはこちら

■コミック版

→コミックシーモア→まんが王国

■FANZA版(単話)

→FANZAブックスはこちら

■無料で読むなら

→コミック.jpはこちら

2.5話

せんせいと、わたしと。~あなたのことをしりたくて~-2.5巻

先生に話しかけてほしくて、わざと短いスカートで登校する和久井。

そうすることで2人きりで会える口実ができて、
篠田とエッチする機会が増えていたのでした。


(この子は俺でイってくれてる)

というだけで満足度が高い篠田。

でも、和久井は

自分だけじゃなくて先生にも気持ち良くなって欲しい。

という気持ちの方が強かったのです。


パンツを下げ、アソコを見せて準備する和久井。体格差が大きい2人。

篠田は挿入したあと、ちいさい和久井を自分のペースで動かしていくのだった・・・

せんせいと、わたしと。
~あなたのことをしりたくて~
3巻無料試し読みはこちら

■コミック版

→コミックシーモア→まんが王国

■FANZA版(単話)

→FANZAブックスはこちら

■無料で読むなら

→コミック.jpはこちら

3話

せんせいと、わたしと。~あなたのことをしりたくて~-3巻

時刻は朝の7時30分。

先生も生徒も登校して来る前に会っていた2人。

職員トイレでエッチをするところでした。


便器に和久井を座らせ、キスして挿入していく篠田。

(いつまでこんな関係を続けるんだろう・・・)

と思いつつも、
アソコの気持ち良さを堪能してしまうのでした。


「もう時間だな」

そう言われて教室へ向かった和久井。
自宅のカギをトイレに落としていったことに気づかなかったのです。


カギを拾って、職員室に設置してある「忘れ物箱」に入れておいた篠田。

1時間目が終わっても、昼休みになっても、和久井はカギを取りに来ないのです。

放課後になってもカギを取りに来ることはなかったのでした。


(できるだけ接触したくない)

と思って体育の授業以外は避けてたけど、和久井のことが少しずつ気になりはじめていた篠田。


和久井を探しに教室へ向かってしまうのです。

それでも、和久井は帰ったあと。


これまでは、「和久井はセ〇クスがしたくて俺を利用してるだけだろう。」と思っていた篠田。

でも、

(もしかしてアイツは俺に近づくためにわざと短いスカートをはいてきてるのか?)

和久井に対する気持ちに変化が出てくるのだった・・・

せんせいと、わたしと。
~あなたのことをしりたくて~
3巻無料立ち読みはこちら

■コミック版

→コミックシーモア→まんが王国

■FANZA版(単話)

→FANZAブックスはこちら

■無料で読むなら

→コミック.jpはこちら

4話

せんせいと、わたしと。~あなたのことをしりたくて~-4巻

篠田に2回目の呼び出しをされて、
生徒指導室にやって来た柚花。

(アイツ私に気があるんだわ)
(カワイイって罪だわ・・・)

なんて思っていたのに、
生徒指導室に篠田の姿はなかったのでした。


外を見てみると、
篠田が和久井と手をつないで歩いてる姿を目撃してしまったのです。


篠田が学校から出て行くのを見て機嫌が悪くなった柚花。そのまま帰っていくのでした。


一方で、
和久井を自分の家に連れ込んだ篠田。

コンドームを探すも、持っていたはずのコンドームが見当たらないのです。


さすがにナマでは出来ないと思ってコンビニに行こうとするも、

和久井はアソコを広げながら

「せんせい、だいじょうぶなので・・・」

コンドームを着けないで
激しいセックスが繰り返されていくのだった・・・

せんせいと、わたしと。
~あなたのことをしりたくて~
4巻無料試し読みはこちら

■コミック版

→コミックシーモア→まんが王国

■FANZA版(単話)

→FANZAブックスはこちら

■無料で読むなら

→コミック.jpはこちら

5話

せんせいと、わたしと。~あなたのことをしりたくて~-5巻

学校が終わったら友達とも遊ばずにすぐに帰るのは、弟を迎えに行くため。

遅くまで働いている母親の代わりに、夜ごはんをつくったり、弟をお風呂に入れたり大忙し。


「中●生だもんね。たよりにしてるからね」

母親から期待されてるのが嬉して、成績は学年9位だし、色々と頑張っているのでした。


それでも、やっぱり体育だけは苦手。

この日はマラソンだったけど、時間内に最後まで走りきることはできなかったのです。


(先生は体育ができない子は嫌いだろうな)
(せめて手のかからない生徒でいたいな)

(あ、今日は弟を早く迎えに行かないといけないのに)

(〇学生だからもっとしっかりしないといけないのに・・・)


「人様に迷惑をかけてしまってる」
と考えると鼓動が早くなり、呼吸が浅くなってしまうのです。

そんな時に篠田から

「無理するな」
「できることからやればいい」

和久井にとってその言葉はプレッシャーから解放される救いの言葉。

身体の震えは止まり、目の前が明るくなるのでした。


(もしかして先生、私のこと好きになってくれたのかな・・・)

そんな事を想像するだけで、和久井は幸せいっぱいな気持ちに包まれるのです。



和久井がそんな風に考えてくれてる。なんて知らない篠田。

先日「スカートが短い」ということで呼び出していた柚花から

「私、見ちゃった」
「先生が生徒とコソコソしちゃってるとこ」

と言われてしまったのです。


さらに、

「詳しく聞きたいなら放課後に生徒指導室に来て」

柚花から逆に呼び出しされてしまうのだった・・・

せんせいと、わたしと。
~あなたのことをしりたくて~

5巻無料立ち読みはこちら

■コミック版

→コミックシーモア→まんが王国

■FANZA版(単話)

→FANZAブックスはこちら

■無料で読むなら

→コミック.jpはこちら

6話

せんせいと、わたしと。~あなたのことをしりたくて~-6巻

以前、生徒指導室に呼ばれた時に、誘惑しても無視されたことをずっと根に持っていた柚花。


「1年の和久井って子とセックスしたんでしょ?」

篠田に詰め寄っていくも

「好きにすればいい」
「俺はどうなってもかまわない」

と言われて、

「和久井って子はどうなるのかな?」

「気が弱そうで大人しそうだけど、普通の生活ができると思う?」

和久井がどうなっても知らないよ?とさらに追い込んでいくのです。


自分はどうなってもいいけど、和久井だけは守りたかった篠田。

「わかったよ」
「セックスすればいいんだろ」

柚花を自分の家に呼んだのでした。



制服を脱がされ、
ていねいに身体をさわられる柚花。

(すぐ挿れられると思ったのに、こんな感じなんだ・・・)

ガサツな男だという印象は変わっていくのです。


さらに、背中から全身を舐められいくと、それだけでイカされてしまったのでした。



篠田のアソコを確認してみると、少し固くはなってるものの半立ち状態。

「なんでよ!なんで立ってないのよ!」

プライドが傷付けられてしまい、
普段は絶対にしないフ〇ラをしてしまうのです。


フ〇ラしていくとガチガチになった篠田のアソコ。

(私でこんなになってくれたんだ・・・)

嬉しくなった柚花は自分からアソコを見せ、
挿入してもらうのだった・・・

せんせいと、わたしと。
~あなたのことをしりたくて~

6巻無料立ち読みはこちら

■コミック版

→コミックシーモア→まんが王国

■FANZA版(単話)

→FANZAブックスはこちら

■無料で読むなら

→コミック.jpはこちら

7話

せんせいと、わたしと。~あなたのことをしりたくて~-7巻

篠田とセックスするしばらく前のこと。


篠田に片思いしていた和久井。

いつも

「おい!」とか、「おまえ!」とかしか呼ばれなくて

(先生に名前で呼んでもらいたいな・・・)

”ちいさなコト”を願っていたのでした。


成績優秀で、普段はおとなしくて、自分から何かをすることなんてなかったのに、

悪いコトをすれば生徒指導室に呼ばれて先生と2人きりになれる。

そう思って、
カンニングをしたのです。

少しずつ夢が叶っていって、嬉しかった和久井。

なのに、
柚香と2人きりでいるところを見てしまった上に

「俺のまわりをうろちょろするな…」

と言われてしまったことで、絶望してしまったのです。


篠田のその言葉は”自分を守るためだった”なんてことは、知る由もないのです。


(私は拒絶されてしまった・・・)

篠田と話しをすることが怖くなってしまった和久井。

会うことをできるだけ避けていたけど、日誌を届けることになって生徒指導室に行くことに。


篠田に会うも怖くて目を合わせられないでいると

「心配するな。俺はもうすぐ消えるから」

先生の机の上に「辞表」と書かれた封筒を見つけたのです。


「大人が辞表を出すという事」の意味をなんとなく知っていた和久井。

見つからないように辞表を手に持って
生徒指導室から立ち去ってしまうのだった・・・

せんせいと、わたしと。
~あなたのことをしりたくて~

7巻無料試し読みはこちら

■コミック版

→コミックシーモア→まんが王国

■FANZA版(単話)

→FANZAブックスはこちら

■無料で読むなら

→コミック.jpはこちら

8話

せんせいと、わたしと。~あなたのことをしりたくて~-8巻

8月2日。

この日は夏休み。

(先生って学校行ってるのかな・・・)

家にいるのか確認しないまま、篠田の自宅を訪れたのでした。


(まだ寝てたらどうしよう・・・)

そう思うだけでチャイムが押せないまま15分が経過。

なんとかチャイムを押すと、今まで眠っていた篠田が迎えてくれたのです。



(エッチして欲しくて家に来たんだろ?)

そう思われるのが恥ずかしくて、

「家の前が工事をしてて・・・」
「宿題ができないので来てしまいました」

それっぽい理由を伝える和久井。

でも、わざわざ来てくれたことが嬉しい篠田は、和久井の言い訳すら可愛く感じるのです。



机に座って宿題をしていく和久井。
そして、その姿をじぃっと見てる篠田。

(先生が私を見てる・・・)
(さわってほしいな・・・)

先生はキスしてきてギュッと抱きしめてくれたのです。

和久井のカラダを舐めていき、ちいさいおっぱいをさわっていくのでした。


まだ明るい夏休みの午前中。

服を脱がされ、おっぱいもアソコも見られて恥ずかしくなってしまう和久井。

恥ずかしいけど、
夢中になってアソコを舐めていくのだった・・・

せんせいと、わたしと。
~あなたのことをしりたくて~
8巻無料試し読みはこちら

■コミック版

→コミックシーモア→まんが王国

■FANZA版(単話)

→FANZAブックスはこちら

■無料で読むなら

→コミック.jpはこちら

9話

せんせいと、わたしと。~あなたのことをしりたくて~-9巻

アソコに指を入れられ、舐められ、イカされてしまった和久井。

携帯で調べた情報に「男性はナマの方が気持ちいい」と書いてあって知識として持っていました。


コンドームを取りに行く篠田に

「先生は無い方が気持ちいいんですか?」
「そのままでも・・・」

自分だけじゃなく先生にも気持ち良くなってもらいたくて、生でもいいと言ってあげる和久井。

でも、
和久井が大好きで大切にしたい。と思ってる篠田。

「俺はお前が好きだ」
「大事にしたいと思ってるからこういうのはちゃんとしたいんだ」

きちんと自分の気持ちを説明するのでした。


先生のその言葉を聞いて嬉しくなる和久井。

直接触れあいたくて、

「せんせいのおちんちんをいれてください」

ゴムを着けないで入れてほしいとお願いしてしまうのです。


ちいさいアソコの中にゆっくりと入ってくる先生の大きなアレ。

根本までしっかり入ってくると

シーツをギュッと握ってしまうくらい、感じてしまうのだった・・・


せんせいと、わたしと。
~あなたのことをしりたくて~

8巻無料試し読みはこちら

■コミック版

→コミックシーモア→まんが王国

■FANZA版(単話)

→FANZAブックスはこちら

■無料で読むなら

→コミック.jpはこちら

目次