飼育小屋少女│理性を失った男性教師の結末は…『ネタバレあり』

飼育小屋少女」1話から最終話まで全話ネタバレ、感想、見どころを紹介しています。

目次

飼育小屋少女 画像ネタバレ

ある地方の田舎の小学校に転勤してきた男。

同僚の女教師と一緒に、学校内の見学をしていました。

校内を見終わると、

「次は校庭に行きましょう」

「ま、あるのは飼育小屋くらいですけど」

校庭に行くと、元気に遊んでる生徒の声。どこの小学校でも見かける普通の光景。


「ここが飼育小屋ですよ」

男が前にいた小学校よりも
少し大きめなサイズの飼育小屋。


(どんな動物を飼っているんだろう・・・)

小屋に近づき中を見るとそこにいた動物の姿に、男は驚きを隠せなかった。


(な、なんで女の子がっ・・・)

服を着せてもらえず、
ハダカで地面に座ってる少女。

もちろん、パンツなんて履いてるはずも無くて・・・

しかも首輪までされていて、大人しい犬みたいに吠えることもせず、ただジッと座ってるのだった。



「何をそんなに驚いてるんですか?」

「ただの動物じゃないですか」

「あぁ、先生が前にいた地域では、こういう動物珍しいんですよね」



この地域ではごく普通にペットとして「見た目が少女の獣」が飼われているらしい。

少女の姿をした獣を見ていた時、男にとって衝撃的なことが目の前で起きるのだ。

「先生!これミミにあげてー!」

生徒が手に持ってるのは人間なら絶対に食べないクズ野菜。


給食の残飯みたいな野菜が入ったバケツを持ち、飼育小屋に近づいていくのだ。




「え・・・」

飼育小屋で飼われていたミミが

「食事を与えてくれてありがとう」

みたいな嬉しそうな表情をしながら、近づいてくるのだ。




少女の笑顔を見て

(なんだ・・・この感覚・・・)

心臓の動きが早くなってしまう男。

「じゃあ、そろそろ戻りましょうか」

今までに感じた事のない気持ちのまま、
職員室に戻っていくのでした。




その日から数日後。

「あの子に好かれたみたいですね」

男が飼育小屋のミミに好かれたと思った女教師。

飼育小屋の世話担当を任せて来たのでした。




そして翌朝、

男がミミの世話をしようと飼育小屋へ近づいていくと、

「きゃぅぅぅ」

「きゃん!」

「あぁぁぁ・・・」

ミミと思われる声が男の耳に聞こえてきたのです。

胸騒ぎがして急いで小屋まで走ると

そこには女教師と生徒たちが飼育小屋の中を観察していたのです。



飼育小屋の中では四つん這いにされて、バックで挿入されてるミミ。

同じ飼育小屋で飼われている浅黒くて成人男性ほどのカラダをしてるオスが交尾をしていたのです。

ズブ・・・

ズブブブブ・・・

ミミの細くて華奢な腰を掴み、バックで挿入しているオス。

細く壊れてしまいそうなミミのカラダは、小刻みにプルプル震えていたのです。


「こ、これは一体・・・」

止めもせず、生徒と一緒に飼育小屋を見てる女教師に聞いてみると、


「これは交尾です」

「先生には言ってませんでしたが、この小屋にはオスも2匹飼っています」



(あんなカラダが大人の生殖器を・・・)

信じられない出来事を目の当たりにしてる間も、

ミミはオスに交尾の相手をさせられていくのだった・・・

この学校に赴任してきて半月が過ぎた頃。

飼育小屋でミミが飼われてる事に納得が出来ない男は、学校関係者以外にも「普通なのか?」と聞いて回ったのだった。



だが、
聞いた人が口にするのは女教師と同じく、「普通ですよ」だったのでした。




男もそう言われ続けるうちに、

「これは普通のことなんだ」

と受け入れてしまうのでした。




その頃から飼育小屋の世話を積極的に行なう男。

目的はあの少女ミミに会うため。

「ほらミミ、おやつだぞ」

イチゴを網から食べさせると、
ミミが喜んでイチゴを食べるのだった。


普段は給食の残り物しか食べさせてもらえないからだ。

初めてイチゴを食べた少女みたいに笑顔を見せるミミ。

その時、飼育小屋の中で目を覚ましたオスが、ゆっくりミミに近づいてくるのです。




オスはまだ発情期。

いきなりうしろから性器をぶち込まれ、ミミは金網を掴んで逃げようとするのです。

オスの力でも破れない強度の金網を、少女の力で破ろうとしても、それは絶対に無理であって・・・



ガシャ

ガシャン


男に見られたくないのか、必死で金網を揺らすミミ。

逃げようとするミミに余計に興奮したオスは、さっきよりも力強くなってくるのです。




乱暴に後ろから挿入され、
金網に押し付けられる柔らかくて小さな胸。


「おい!やめろ!」


目の前でミミが●されてる様子を
見せつけられてしまった男。



この環境に少し慣れたとはいえ、嫌がるミミを見れないのです。



「まだあんなに小さい穴が・・・」

ミミのアソコを男に見せつけるようにしてくるオス。

「いつも笑顔をふりまいてくれるミミが・・・」

飼育小屋で行われてる行為は、獣からすれば普通のコト。



でも、
まだ事実を受け入れられない男は、ミミと性行為をしているオスを怒鳴りつけるのです。


男に怒鳴りつけられ

獣の本能を剥き出しにしたオスは、

男に見せつけるようにするのだった・・・

飼育小屋少女

→無料サンプルと本編はこちら

飼育小屋少女 登場人物

新任の男性教師

・この春教師になったばかりの男
・飼育小屋の担当にされて、ミミに対して愛情を持ってしまう
・同僚の女性教師には興味がわかない
・子供たちにも好かれている
・性欲は強い
・最終話では、トンデモナイ事になってしまう・・・

女教師

・結構美人である
・飼育小屋で飼われている動物は「普通の事」と認識している
・生徒たちから好かれている

「性教育」には熱心である。
(生徒にも詳しく教えてあげている。)
(メスを欲情させると妊娠しやすくなるのよ。等)

彼氏がいるかは不明。
(ひょっとすると、飼育小屋に忍び込んでオスのアレを・・・)

飼育小屋で飼われている少女(獣)ミミ

・年齢:不詳(身体の成長から見ると中◯生か高◯生くらい)
・名前:ミミ
・この地域では普通に「獣」として飼育されている
・鳴き声は「きゃん、きゃん」
・胸は小さめ(Aカップと思われる)
・アソコの穴は小さい。(オスの男性器を挿入されると、裂けそうになっている)
・非処女。(一緒に飼われているオスに無理矢理・・・)
・アソコからは、愛液があふれてくる

タイトル飼育小屋少女
話数5話完結
作者達磨さん転んだ/チンジャオ娘
必要ポイント 770円
配信サイトDLsite

チンジャオ娘。達磨さん転んだの最新エロ漫画が配信されました。

「3匹のカッパとギャルな姉」というタイトルで

田舎に引っ越してきた姉弟。
「あそこの滝つぼにはカッパがいる」
と聞かされて行ってみると、本当にカッパがいたのでした。

こちらのページで「3匹のカッパとギャルな姉」のネタバレを紹介しています。
ぜひネタバレを読んでみてください。

達磨さん転んだ作品ならではのエロさと面白さが描かれていました。

→「3匹のカッパとギャルな姉」ネタバレ

飼育小屋少女 感想と見どころ

最初このマンガの表紙を見た時、

「こ、このマンガの女の子可愛い!」

と思って無料試し読みをしました。

タイトルが飼育小屋少女だったので、

「どこかの危険な男が少女を監禁している内容かな?」

と思いましたが、そうではありませんでした。




少女ミミが、普通の世界で飼育され生活している。

食事は人間では絶対に食べる事のない残飯・・・。

でも、そんな粗末な食事でも喜んで食べる。

「今の日本人が裕福になりすぎて、そんな生活をする事も大事だよ。」

と教えてくれたマンガでした。



嘘ですw

人間では食べないようなエサを食べさせられ、一緒に飼われているオスに無理矢理犯され・・・。

そんな事をされても、全然嫌がらない少女ミミ。

むしろ、そんな生活を楽しんでいるようにも見えました。



人間と獣。

絶対に犯してはいけないタブー・・・。

可愛すぎるミミに対して、理性のきかなくなってしまった男が禁断の関係に迫る・・・。


オスVS男

性欲VS理性


僕はこの「飼育小屋少女」を読んで興奮したのも当然ですが、

それよりも
女の子と男の恋愛。

オスと男が1人の少女を奪いあう様子。

そんなところに関心を持ったお話しでした。



無料試し読みをして、少しでも

「ミミが可愛い!」

と思ったのなら、続きを読んでみてほしいと思います。

何もわからない少女ミミが、いつの間にか男性教師を虜にしていく・・・。

ただオスに乱暴に◯されていく少女は、飼育小屋の中で男性教師の事を受け入れていく。


未発達のカラダ。

愛くるしい顔。

飼育小屋で育った少女が1人の男の運命を狂わせていく。



飼育小屋少女の見どころと言えば、

・ミミが可愛い!
・ミミの性格が良い!
・ミミの未発達の身体が良い!
・そんな成長途中の身体に無理矢理・・・
・獣と人間の絶対に叶わない恋愛関係が!
・最終話が想像もつかない結末・・・

他にも「飼育小屋少女」の見どころはたくさんあると思います。

飼育小屋少女

→無料サンプルと本編はこちら

人気記事

チンジャオ娘 ネタバレ一覧

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる