「湯けむり出張6泊7日!人妻上司とまさかの相部屋」女を忘れてた眼鏡美人と中出し

Tiramisu湯けむり出張6泊7日! 人妻上司とまさかの相部屋!?エロ同人のあらすじとネタバレを画像で紹介。

湯けむり出張6泊7日!人妻上司とまさかの相部屋

■あらすじ■

湯けむり出張6泊7日!人妻上司とまさかの相部屋」は、

35才の人妻上司「亜季」と、その部下の独身「竹中」が主人公。

温泉地に1週間の出張でやって来た2人。
本当なら別々の部屋に泊まるはずだったのに、竹中のミスで予約できたのは、たったの1部屋・・・

「既婚者のオバさんになんて、興味ないでしょ?」

「じゃあ、相部屋でいいわ」

「年下の男が35才の人妻には興味が無いだろう」と思って同じ部屋に宿泊することにしたのに、

亜季が酔って眠ってしまった時に
レ〇プ状態で犯されてしまうのでした・・・

では早速、
「湯けむり出張6泊7日!人妻上司とまさかの相部屋!?」のネタバレを紹介していきます。

目次

湯けむり出張6泊7日!人妻上司とまさかの相部屋!?ネタバレ

「湯けむり出張6泊7日!人妻上司とまさかの相部屋!?」ネタバレの前に主人公の2人を紹介。

■亜季

・竹中の上司で仕事が出来る
・既婚者(35才)
・巨乳で人妻の色気がある
・旦那のセックスは淡白でセ〇クスレス

■竹中

・仕事が出来ない男
・女遊びは相当やってる
・チ〇ポは硬くて太い

1話 「泥酔人妻上司の浴衣を脱がして」

湯けむり出張6泊7日!人妻上司とまさかの相部屋-ネタバレ1話

出張の宿の予約を忘れていて、
同じ部屋に泊まることになった竹中と亜季。

部屋で2人で飲んでると、
亜季は先に眠ってしまったのでした。

「こんなに酔ってるなら」
「イタズラしても気付かないよな?」

お風呂上がりの浴衣をはだけさせると
ノーブラだったおっぱい。

「いつも説教ばかりしやがって・・・」

起きないのをいいことに
亜季の巨乳を揉んでいくのです。

指先で乳首をコリコリさわってると
少しずつ固くなってきた乳首。

「あんっ・・・んんっ・・・」

ダンナとセックスしてる夢を見てるのか
小さくアエギ声を出してくるのです。

もっと激しくおっぱいを揉みたくなって浴衣を脱がそうとした時、

「竹中くん、何してるの?」

突然、
亜季は目を覚ましてしまったのでした。

(やばい・・・)
(バレたか・・・)

竹中の口からとっさに出たのは、

「浴衣が乱れてたんで」
「直していました」

というウソの言い訳。

でも、

「オバさんのおっぱいなんて、見てもしょうがないもんね」

そう言ったあと、
亜季は再び眠ってしまったのでした。

パンツを見てみると
マ〇コの部分はべっちょりと濡れていて

(寝てるし大丈夫だろう)

と思ったのです。

パンツを脱がし、

35才女上司のマ〇コを

目と指と舌を使って

じっくり観察していくのだった・・・

マ〇コを開くとべっとりと糸を引いていたくマン汁。
マ〇コを舐められるたびに「あんっ」ちいさく喘ぐ亜季さん。
エロすぎるマ〇コを見て、亀頭を当ててしまう竹中。 1話の後半はエロすぎるシーンの連続でした☆

2話 「無理やり挿入したまま中出し」

湯けむり出張6泊7日!人妻上司とまさかの相部屋-ネタバレ2話

翌日の夜。

仕事を終えてお酒を飲んでると、昨夜と同じく先に眠ってしまった亜季。

昨日は素股までしかできずに
欲求不満だった竹中がチ〇ポを入れてみると、

下半身に違和感を感じた亜季は
目が覚めてしまったのでした。

「早く抜きなさい!」

怒りながら言っても、

「すみませんっ、すみません!」
「すぐ終わらせますら!」

竹中はそう言って、腰を動かしつづけるのです。

「バカなことは止めなさい!」

と言われても、
締め付けるマ〇コが気持ち良くて、チ〇ポを抜くことは出来ないのです。

どんどん早くなっていく腰の動きで

(竹中はもうすぐイクんだ)

とわかった亜季。

「なっ、中だけはダメだからねぇぇ」

抵抗しながら言った次の瞬間。

びゅるるるるっ

チ〇ポは抜けて、
中出しされずに済んだのでした。

「あなた、何したかわかってるの?」
「これはレ〇プなのよ!」

大声で叫びながら怒ってくる亜季。

同じ会社の上司。
そして、夫がいる人妻。

(めんどくせーな・・・)

ヤケになった竹中は、

「若いチ〇ポ入れられて、本当は嬉しいんだろ?」

「中古マ〇コのくせに!」

眠ってる間にチ〇ポを挿れられた事に気づいた亜季の、絶望した表情。レ〇プ案件なのに、気持ち良くなってしまう欲求不満なカラダ。
35才人妻の魅力がたっぷりです☆

3話 「亜季を性処理道具にしたあとは」

湯けむり出張6泊7日!人妻上司とまさかの相部屋-ネタバレー3話

仕事を終えて旅館に戻った亜季と竹中。

竹中は部屋に入ってすぐに、

「ほら早く!」
「チ〇ポの前にひざまずいて下さいよ」

フ〇ラを命令するのでした。

いつも仕事で怒られてることを
汚いチ〇ポを舐めさせること」で仕返ししたい竹中。

洗ってない汚れたチ〇ポを
プライドが高い亜季に咥えさせたいのです。

四つん這いになった時に
目の前でチ〇ポを見せられると、

「やっぱりにおうわね・・・」

パンツの中で汗で蒸れたチ〇ポは
強烈なニオイを発していたのでした。

なかなか舐めない亜季に

「写真をバラ撒きますよ?」

と昨日撮影したハダカの写真で脅してくる竹中。

絶対に写真を見られたくない亜季は
ゆっくりと舌を出して舐めていくのでした。

(くさいっ・・・)

ニオイに耐えながらも、サオを握ってシコシコしながら舐めていくのだった。

無理矢理チ〇ポを咥えさせられて、苦悶する表情。でも、
そのあとのセックスで本気イキしてる姿は超エロかった☆

4話 「温泉で生ハメセ〇クス」

2人きりの個室混浴風呂で
パイズリをさせられてる亜季。

「はぁ・・・男ってよくこんなこと」

「思いつくわね・・・」

大きなおっぱいにチ〇ポを挟み込み、
ペロペロ舐めさせられていたのでした。

やわらかいおっぱいの感触、そして同時にフ〇ラされる感覚は手コキよりも気持ち良くて、

「人妻上司のおっぱいで」
「搾り取られる~~~」

すぐにイカされてしまうのです。

普段はセ〇クスレスのせいで
こんなに男の人が気持ち良くなる姿を見たことがない亜季。

「次はお返しですよ」

と言われて、ナマ挿入されて、
思いっきり感じてしまうのでした。

「ナカで出さなくても」

「妊娠することだってあるのよ。んっ・・・」

妊娠してはいけない。

それも部下の子供なんて・・・

そう思えば思うほど、
人妻のカラダは気持ち良くなってしまうのだった。

巨乳を使ってパイズリしながらのフ〇ラは、本当に気持ち良さそうだった。
「こんな勢いがいいのを、膣内で出されたら気持ち良いのかな・・・」セックスに夢中になってきた亜季さんの心境の変化が楽しみ☆

5話 「発情した上司が夜這いしてきた」

下半身のあたりが生温かくて、目が覚めた竹中。

「竹中くんのせいで性欲が目覚めちゃった」

「責任とって、満足させてね」

ムラムラして眠れなかった亜季は
眠ってる竹中のチ〇ポを勝手に入れ、オ〇ニーしていたのでした。

「いったい、何してるんですか!」

驚いて聞いてみるも
帰ってきた返事は、

「セ〇クスよ♡」

そう言いながらも、
チ〇ポを入れたまま、腰を上下に動かしていくのです。

亀頭が膣壁に当たると声を出し、
そのままグリグリ擦ってくる亜季。

「遊び慣れた極太チ〇ポ最高!」
「どう動いても、気持ち良い♡」

竹中の目の前で
おっぱいを揺らしながら動き続けているのです。

どんどん気持ち良くなて
締め付けてくるオマ〇コ。

イキそうになってしまって
チ〇ポを抜こうとしてる竹中に

「私をレ〇プした時は中にだしたくせに」

「今さら脅えてるのかしら?」

腰をぐいっと前に動かし、
チ〇ポを抜かないようにしてくるのだった。

翌日、取引先のWCでセ〇クスを始めてしまった2人。
パンストを無理矢理破り、ブラも強引に剥ぎ取り・・・
後半の興奮と緊張度が高いシーンは秀逸でした☆

6話 「夫と電話してる亜季に嫉妬して」

便座で股を大きく開いて
恥ずかしい格好をさせられてる亜季。

会議中からセ〇クスのことばかり考えていたせいで、マ〇コはベチョベチョに濡れていました。

チ〇ポを挿れていくと、

「取引先のトイレで部下に生ハメされて・・・」

「本気でイってるっ・・・」

気持ち良すぎて
個室の外にも聞こえてしまうくらい、大きな声でアエいでしまうのです。

取引先のトイレで散々セ〇クスしたあと、旅館に戻って来た2人。

「お風呂にします?」
「それともセ〇クスしますか?」

そう聞かれた亜季の返事は

「セ〇クスに決まってるでしょ?」

だったのです。

トイレでの本気イキしてる亜季さんのエロさが凄すぎ・・・
セ〇クス中なのに旦那からの電話に出て、アエギ声が漏れたシーンはドキドキでした☆

7話 「終わりと思っていた肉体関係が復活」

前回の出張が終わってから1か月間。

「上司と部下」という関係に戻っていた亜季と竹中。

でも、
また2人きりで泊まりの出張へ行くことになったのでした。


ダンナとのセ〇クスでは満足できなかった亜季。部屋に入ると竹中のチ〇ポを入れてしまうのでした。

竹中の硬くて太いチ〇ポを入れただけで軽く1回イってしまった亜季。

「私、アナタにおっぱい揉まれるの」

「すごく好きなの♡」

欲求不満なカラダは
激しいセ〇クスを求めてしまうのです。

「アナタとのセ〇クスじゃないと」

「イケなくなったの・・・」

1ヶ月ぶりの竹中とのセ〇クスで
激しく乱れ、イキまくるのだった・・・

1か月ぶりの濃厚セ〇クスで、イキまくってしまった亜季。カワイイ顔、そして人妻とは思えない「卑猥な言葉」の連続で、1度でいいからこんなこと言われてみたいです☆

「湯けむり出張6泊7日!人妻上司とまさかの相部屋!?」感想とまとめ

「湯けむり出張6泊7日!人妻上司とまさかの相部屋!?」を全話読んで、

セックスレスの人妻って
エロすぎだなー!!

美人の上司と出張で
こんな関係になれるなんて、
羨ましい!!

と思いました。
(●´ω`●)

「仕事が出来る上司」
と限定しない場合なら、
35才の人妻って、エロい女性が多いと思うんです。
(特に子供がいない場合)

なので、
竹中みたいにお酒を飲ませれば、

似たような事が出来るんじゃないかなー

と、「湯けむり出張6泊7日!人妻上司とまさかの相部屋!?」を読んで思いました。

「年上の女性をイカせまくる」

という漫画は数多く存在しますが、
今回紹介した「湯けむり出張6泊7日!人妻上司とまさかの相部屋!?」は、

・セックスに持ち込んでいく展開
・女性がセックスしたくなっていく流れ

が自然だったので、
違和感を一切感じることは無く、楽しく最後まで読めました。
(続編があれば読んでみたいです)

亜季さんの画像を見て

「ちょっといいかも?」

と思ったからにはオススメ出来ると思いますので、無料立ち読みだけでもチェックしてみて下さい。

(仕事中とセ〇クス中のギャップも良いんです♡)

無料立ち読みが出来る
公式サイトはこちら
♡画像をタップ♡

Tiramisu ネタバレ一覧

人気記事

  • URLをコピーしました!
目次